市井社(しせい・しゃ)Tel03-3267-7601、Fax03-3267-7697
書店取次 日販・トーハン・大阪屋栗田・中央社
※市井社は、1982年に創立した五行歌の会と同じ事務所にある出版社です。
 五行歌関連の自費出版を中心に発刊しています。
市井社の書籍をまとめたブクログはこちら。インターネットから購入希望の方はこちらをご利用ください。
(書籍価格は本体)



新刊電子書籍入門書五行歌選集草壁焔太五行歌集個人歌集その他


【電子書籍】
○Kindle Store(キンドルストア)

『Gogyohka』新刊2017/06 on Sale!
電子書籍リーダーに対応したリフロー型。PCやスマホのkindleアプリでも閲覧できます。


○DL-MARKET市井社のページ
DL-MARKETにて、市井社の既刊本を電子書籍(PDF)にして販売中!
◆2016年2月10日から、選べるお支払い方法にネットバンキングや、Amazonペイメントが利用できます!
商品をカートに入れた後で、商品をカートに入れた後、お支払い方法選択画面で【ネットバンキング】、または【Amazonペイメント】を選ぶだけでOK。
ぜひご利用くださいませ!

2017年6月現在7冊登録しています。 無料で試し読みもできますので、「電子書籍って何?」「わたしのパソコンで見られるのかしら?」と不安な方はお試しください。
海外にお住まいの方も、ぜひご利用ください。
絶版となっていた、『五行歌を始める人のために』も電子書籍化しました。読みたかったというお声やご注文を今でもいただいております。ぜひこちらをお求めください!
※不正コピー防止のため、ご購入いただいたPDFファイルには、頁下部に購入者情報が入ります。

五行歌を始める人のために 飛鳥の断崖−五行歌の発見 もの思いの論 五行歌秀歌集1 '01-'05 心の果て -草壁焔太五行歌集 川の音がかすかにする 海山 


【入門書・詩歌論】
1.『五行歌入門』草壁焔太著 東京堂出版 四六上製239頁 1800円 2001年9月刊 絶版
[内容]  五行歌理論のなかで重要な柱となった「呼吸論」も初めて具体的に展開され、
      五行歌によって蘇生した言葉のいくつかが挙げられている。このほか、歌会
      の進め方、歌会についての考え方が始めて主宰の手で書かれた。

2.『五行歌を始める人のために』草壁焔太著 市井社 四六並製206頁 1456円 1994年7月刊、1997年6月再版、絶版
[内容] 創始者が書き下ろした懇切な指導書。五行歌運動開始とともに書かれた。
      全五行歌人がここからスタートした基本の書である。

3.『飛鳥の断崖――五行歌の発見』草壁焔太著 市井社 四六上製246頁 1400円 1998年12月刊
[内容] 620年代に、自由な古代の歌が、突然和歌の固定形に変化した歴史の謎に迫り、五行歌の存在理由を説く。
      長い五行歌・短い五行歌、五行歌がなぜ真実を描くかなど、五行歌人必読の書。

4.『Gogyohka(Five-LinePoetry)』Written by Enta Kusakabe,Translated by Matthew Lane. Shisei-sha 76p $10.00 (1000円) November 2006
[内容] 初めて書かれた、英文の五行歌入門書。2009年04月に、「Revised and Expanded Second Edition」発行。
      This is an English booklet to introduce "Gogyohka(five-line verse)" for the first time.

5.『すぐ書ける五行歌』草壁焔太著 市井社 四六判並製184頁 定価(1,100+税)円 2008年09月刊
[内容]『五行歌を始める人のために』から十五年、新たに書き下ろされた五行歌入門書。サンプルでわかる書き方や、うまく表現する五行歌作りのコツ、歌会のルールなどを解説。五行歌をはじめてみようと興味をもった方へお勧めの一冊。

6.『もの思いの論――五行歌を形作ったもの』草壁焔太著 市井社 四六判上製280頁 定価1,500円 2009年10月刊
[内容] 草壁焔太主宰書き下ろし、思いの詩歌論。「もの思いをして、その成果は歌で表すと考え、私はずっと詩歌の道を歩いてきた。あたりまえのようだが、「哲学」をやめ、「もの思い」することで、私はよくものを思うことができるようになったと思う」(まえがきより)五行歌人必読の書。

7.『五行歌 誰の心にも名作がある』草壁焔太著 市井社 四六判並製272頁 定価1,400円+税 2013年12月刊
[内容]五行歌の会創立から20周年記念による刊行。人はみな芸術品であるべきだ、とする著者の人間総うたびと論。五行歌創始からこれまでの発見の数々、ここにまとまる。




【五行歌選集】
1.『五行歌の事典』 草壁焔太選 東京堂出版 四六上製296頁 1800円 2001年7月刊 絶版
[内容] これまでの五行歌人の秀作を集める、46項目782首収載。
      1頁4首組みで、各項目に選者草壁主宰の解説つき。

2.『恋の五行歌』草壁焔太編 講談社文庫250頁 467円 1997年10月刊  絶版
[内容] 第一回恋の五行歌の優秀作と、「五行歌の会」同人会員の恋の五行歌の秀作を集めた選集。四百首が収められている。

3.『愛しています――愛の告白五行歌集』草壁焔太編 市井社 四六並製218頁 950円 1998年8月刊
[内容] 「愛の告白」五行歌募集の愛の歌と、五行歌の会同人会員の愛の歌を厳選した選歌集。品位の高い作品に絞られているのが特徴。

4.『木曜日の五行歌』草壁焔太編 イラスト:岩崎千夏 東京堂出版 A5変形上製63頁 1,600円 2002年4月刊
[内容] 朝日新聞西部本社版「さんさんネット」と東京本社版夕刊マリオンに毎週掲載され、大好評の美しいイラスト入り五行歌。


5.五行で綴る母へのラブレター『一度だけお母さんへ』草壁焔太編 イラスト:沢野ひとし 山と渓谷社 A5並製158頁 1,050円 2002年4月刊
[内容] これまでに母をテーマに書かれた五行歌の秀歌と、樹の森出版と五行歌の会が2001年12月に公募した優秀作品から選ばれた作品。齋藤茂太氏、島倉千代子氏、安部譲二氏、忌野清志郎氏、日比野克彦氏、など各界の著名人の作品も掲載。


6.『たった五行の恋のメッセージ―公募「恋の五行歌」―』草壁焔太編 東京堂出版 四六並製176頁 1,400円 2002年6月刊
[内容] 第二回、第三回「恋の五行歌」公募の秀作から選び抜いた326首。

7.『恋の五行歌 わくわく350』草壁焔太・水源純編 市井社 四六並製125頁 1,200円 2004年9月刊
[内容] 第四回「恋の五行歌」公募の秀作から選び抜いた350首。


8.第一回全国高・中・小学生五行歌大賞入選作品集『子どもたちの五行歌』市井社 四六判並製128頁 定価1,200円(税込)2005年7月刊 
[内容] 子どもたちの本音、素直さがあふれる本。全国から寄せられた5119首から選ばれた入選作300首。
     「げんきくんはぼくのおとうと/まだあかちゃん。/ぼくのかおをおいかけるよ/どうしてかな。/ぼくがかっこいいからかな」小学生の部大賞 てらもとこうだい(小1)


9.五行歌集『旅の五行歌』市井社 四六判並製156頁 定価1,200円(税込)2005年7月刊 
[内容]公募入選作305首と、最終選考通過作品をあわせ374首の旅の五行歌を収録。
    大賞 「最果ての/礼文は/鳥の影もない/雲の/住み処」高樹郷子


10.『五行歌「百人一首」 五行歌の会きんきサロン 歌会十周年記念歌集』市井社 四六判並製110頁 定価1,000円(税込)2005年7月刊 
[内容]五行歌の会きんきサロンの過去百回の歌会で選に入った作品集「みやこ鳥」から、「百人一首」を選び集めたもの。一番から百番までの百首掲載。
    一番 「花びらの/小さな/ふくらみに/あの人の指を/かくしてやるのだ」草壁焔太
    百番 「君が/花のために/時間をかけた分だけ/花は元氣に/咲いて来る」一舟

11.『五行歌秀歌集1』市井社 草壁焔太編 A5判上製586頁 定価2,263円(税込)2006年8月刊 
[内容]2001年〜2005年の五行歌秀歌1,850首を編纂。
    収録歌人756人。新詩形五行歌の渾身の一冊!

12.『五行歌集 合歓の歌』福岡五行歌合歓の会 市井社 四六判変形並製132頁 定価(700+税)円 2009年04月刊 
[内容]福岡の五行歌会、合歓の会の作品を一冊の精選された歌集として編まれた歌集。テーマ別の3つの章に会員の作品が掲載されている。
    「春の雨を含んだ/樹木は/嫋やかに/すべてを受け止める/母のまなざし」草野香
    「風か/鳥が運んで来た種/とんでもない処に芽吹いて/人の出会いも/また」福本藍

13.『五行歌秀歌集2』草壁焔太編 市井社 A5判上製600頁 定価2,469円(税込)2011年12月刊 
[内容]2006年〜2010年に発表された厳選五行歌秀歌集。38巻、歌数2067首、収録歌人901人!
     今回特別に、編集中だった2011年3月におきた東日本大震災の災害の巻が入っている。

14.『恋の五行歌 300のトクントクン』草壁焔太編 市井社 新書判並製136頁 800円+税 2012年6月刊
[内容] 第5回「恋の五行歌」公募の入選、入賞作品から300首あまりを掲載。

15.『五行歌秀歌集3』草壁焔太編 市井社 A5判上製588頁 定価2,500円(8%税込)2016年12月刊 
[内容]2011年〜2015年に発表された厳選五行歌秀歌集。39巻、歌数2026首、収録歌人669人!
    予約受付中!



【草壁焔太五行歌集】
1.『穴のあいた麦藁帽子』草壁焔太五行歌集 市井社 四六変形156頁 定価680円 1983年7月刊・絶版
[内容] 草壁焔太の40歳頃までの恋愛五行歌を集めた歌集。
            「君のまぶたに/小さな/太陽が動く/麦藁帽に/穴があいているから」
など初期の傑作が収められている。

2.『心の果て』草壁焔太五行歌集 B5変形角函入り判226頁 定価2500円 1993年3月刊
[内容] 40代にして、五行歌の呼吸をつかみ、五行歌運動を決意した著者が、畢生の歌集の意気込みで纏めた五行歌集。この歌集を読んで五行歌を始めた人々が、『五行歌』の初期の緊迫感を作り出した。
      「肉体が/美しいものであった/三十年/格闘のように/生きてきた」

3.『川の音がかすかにする』草壁焔太五行歌集 市井社 B5変形角判函入り166頁 定価1700円 1994年11月刊
[内容] 長男の自殺という衝撃にあった著者が、悲痛との闘いの中でうたった珠玉の作品集。専門の詩歌人に高く評価されている。
      「息子を/精神病院に/入れてきた/自分の裏側を/見捨てるように」


4.五行歌集『海山』市井社 四六判上製456頁 定価2,000円(税込)2005年3月刊 
第2505回日本図書館協会 選定図書
[内容] 五行歌創始者、草壁焔太のこの十年の珠玉の歌、416首。
     「自分の/心でしか/計れないなら/心を美しく/するしかない」
     「海山よ/私が会うために在ったのか/君らが私を/生んだのか/美しい青と緑」

5.草壁焔太五行歌選歌集『人を抱く青』 遊子編 市井社 四六判上製266頁 定価1,512円(税込)2015年3月刊 
[内容]五行歌を生んだ男の魂の響き! 草壁焔太初のアンソロジー。秀歌577首を厳選収録。未発表作品も多数。
     「空/山/湖/海/人を抱く青」
     「生きるのに/ためらうな/災害は/そう/語っている」




【三好叙子五行歌集】
1.『母が降る』三好叙子五行歌集 市井社 四六判上製361頁 定価1,400円 2007年2月刊
第2590回日本図書館協会 選定図書
[内容] 三好叙子副主宰の待望の五行歌集! 絶賛発売中! 
            「生きることが/そのまま/あなたへの恋文となる/そんな一生で/ありますよう」
            「夜は私に/いくつかの/人生をくれました/暗く透けた/気まぐれな手で」




新刊電子書籍入門書五行歌選集草壁焔太五行歌集個人歌集その他

【個人歌集】
1.『女ざかりの唄』納藤満智子五行歌集 市井社 B5変形角判190頁 定価2000円1996年8月刊
[内容] 1970年代から五行歌を書き始めていた一人。孤独と戦いながら官能の火を燃やし投げつける、生き生きとした女心の歌。
            「絶頂の/女の顔は/美しいといい/男の顔が/激しく歪む」

2.『雑木林』 大井修一郎五行歌集 市井社 四六変形上製154頁 定価1143円 1997年10月刊・絶版
[内容] 透明なレンズによる写生の歌を、五行歌の世界に実現した大井五行歌の初期の集大成。ときに温かく、ときに冷たい切り口に、見ることの楽しさを感じさせる。
     「白菜の/白いお尻を/冷たい/水で/洗ってやる」

3.『夜明けの河』 柳瀬丈子五行歌集 市井社 四六変形並製144頁 定価1400円 1998年6月刊
[内容] 自らの根源、ルーツを問う旅に出たうたびとの、痛切な母恋い歌。鳥が、魚が、樹が、大地が、空が、海が、その慟哭に共鳴する。
      「私の/よるべなさを/流れているのは/夜明けの河の/火の匂い」

4.『月の横顔』 大鹿節子五行歌集 市井社 四六上製214頁 定価1200円 1999年5月刊
[内容] 穏やかに、誇張を避けながら、女性の静かな目と心で、物事に語りかける歌集。
      「土筆の胞子から/こぼれる緑/懐紙を/うすく/染める」
            「灯りの/ついていない台所は/淋しい/触れれば/輝くものが多いのに」

5.『この鳩尾へ』 水源(みなもと)純五行歌集 市井社 四六上製240頁 定価1200円 1999年7月刊
[内容] 若い世代の五行歌人の中で、最も注目されるうたびと。「やわらかに宇宙をつかみとる」と草壁焔太は評している。20代前半らしい清潔な恋愛歌も、老成したようなとも言われる叙景歌も、天性の厚みを感じさせる。
            「この胸に/抱かれて/眠れ/やわらかさを/あげる」
            「時を/経てきたものほど/悠々と居る/石も/樹も」

6.『行脚』 三好茂弘五行歌集 市井社 四六上製242頁 定価1200円 1999年11月刊
[内容] 旅する五行歌人、足で歩いた五行歌集である。四国遍路、奈良の山々など、旅の実感が、歴史観とともにこの五行形式にしみじみとこもっている。
      「一時間前から/船出待つ/ひとり旅/ボウ、ボウと/汽笛をきく」

7.『雑木林?』 大井修一郎五行歌集 市井社 四六変形224頁 定価1200円 1999年 12月刊
[内容] 最初の写生歌集『雑木林』を継ぐ第二歌集は、いわば心の写生歌集。草壁焔太は、大井氏が二つ目のレンズシステムを獲得したと序に述べている。
             「底があれば/蓋もある/心は/鍋の/ようである」
             「人生の/坂を下る/老人に/真っ赤な牡丹が/立ちはだかる」

8.『心の軌跡』 屋代陽子五行歌集 市井社 四六変形248頁 定価1200円 2000年3月刊
[内容] 心をみつめ続けた若い女流歌人の、その深くこだまする言葉が、五行に結晶した。シェークスピア劇の台詞をほうふつさせる心の描写の彫りの深さが胸を打つ。
            「傷つく用意は/できているか/ある日/夢が私に/そう言った」
            「心の/奥深くに/現実よりも/もっと荒涼とした/場所が/あるはずだ」

9.『雲の上の楽団』 神島宏子五行歌集 市井社 四六判256頁 定価1200円 2001年9月刊
[内容] この本には、少女、妻、母、仕事する女性、そして女がいる。またその多様さに悩む人間と、真をもとめるうたびとがいる。
     「雲の上で/父母が呼んでいる/心から笑ったときに/きっと逢える/雲の上の楽団」
     「紅をひく/罪も咎も/封じ込め/息をころして/紅をひく」
     「忘れ物をしたように/生きてきた/掌のなかにいま/薄く/輝くものがある」

10.『神さまも ひと休み』 工藤真弓五行歌集 市井社 四六判168頁 定価1200円 2001年10月刊 
[内容] 思いのてのひらのうえで、とらえた、限りなく優しく深い五行歌と写真の集!
     「社務所の二階の/暗がりに/袴のまま/寝入る/神さまがひとり」
     「なまえを/きいただけなのに/夏虫は/ぴたっと/木陰のふり」
     「漁師さんの笑顔/わたしは/三陸の/海底に/手をつく」

11.『ほんとう』 水源純五行歌集 市井社 四六判200頁 定価1000円 2002年10月刊 
[内容] 新しい女性像をかたちづくる五行歌のトップランナー水源純の第二歌集!
     「この頂きの/一点で/あなたと/こわれてもいいという/ほんとう」
     「どこから来たのか/どこへ行くのか/流木は/浜にやすみさまも/漂う姿」
     「寂しさは/世界の狭さだ/この目で/見限る/世界の狭さだ」

12.『雑木林?』 大井修一郎五行歌集 市井社 四六判上製 269頁 定価1300円 2002年12月刊 
[内容] 透視された世界
      「閉じたままの/鉄の/マンホールの蓋/落ち葉/さらさら」
      「なかなか/とび込まない/蛙の/思案が/続く」

13.『透理(とうり) INNER VIEWS』 寺本一川五行歌集 市井社 四六判294頁 定価1500円 2002年12月刊・絶版 
[内容] 書・自然・愛を五行歌で描く、女流書家の世界。
     「からだは/土/わたくしという/花が/咲ききる迄」

14.『ざわめく桜』 阿島智香子五行歌集 市井社 四六判180頁 定価1000円 2003年9月刊 
[内容] 官能の極を描きながら、モジリアニの絵のようなふしぎな美しさ!
     「掌の中で/やわらかく/ゆらめく乳房の/ざわめきさえも/伝わりますか」

15.『しじま』 向井文丸五行歌集 市井社 四六判上製210頁 定価1200円 2004年2月刊 
[内容] 杖の呟き、車椅子の思い。人に見えないもの、人の思いにないものを文丸五行歌は、提示する。
     「静寂」には/なにも聞えないが/「しじま」には/音がある/ボタンの転げる音なんかが

16.『ストライプ』 仁尾智×森下雨音五行歌集 市井社 四六判214頁 定価800円 2004年2月刊 
[内容] 同一テーマを二人で見開きに、才智の鍔ぜり合い
      期間限定サイト→「ストライプ」

17.伊藤赤人五行歌集『望郷の丘』市井社 四六判上製434頁 定価1,800円(税込) 2004年10月刊 
[内容] 元ハンセン病患者が綴った魂の五行歌
     「人の世には/山を越え/河を渡っても/辿りつけない/ふる里がある」
     「望郷/お前は夕日に/出遭うと/鳩笛のように/ホロホロと啼く」

18.五行歌『抱月』市井社 四六判161頁 定価1,200円 2004年10月刊 
[内容] 子宮の歌、右でもない左でもないその真ん中の心地よさというような微妙な歌。
     「緋袴をはいたまま/彼に逢いに行った/夜/神様は/私の味方だった」
     「一緒にいるだけで/幸せで/彼の手のひらを/ずっと/撫でていた」

19.福家貴美五行歌集『若葉』市井社 四六判上製242頁 定価1,200円(税込) 2005年9月刊 
[内容] 高度に庶民的な感覚で切り取る、ぬくもりある叙景。
     「島に降る雨/島を直撃する風/大らかに受けとめて/縄文杉の/若葉が生まれる」
     「灯油売りの声/のどかに/聞こえる日/きんぴらごぼうが/シャキッと仕上がる」

20.会津太郎五行歌集『いとしい地球よ』市井社 16cm上製123頁 定価500円(税込) 2005年9月刊・絶版
[内容] 人間を地球人として捉える広大な視点は、宮澤賢治の宇宙観を思わせる。〜作家・三好京三氏序文より。
     「どんど焼きの/火が燃え盛る時/少女の前髪に/付いては溶ける/夜の淡雪」
     「武者震いしながら/全身の水を/光の中へ/はじき出す/五月の犬」

21.岡野忠弘五行歌集『パルスだ 情熱だ』市井社 A5判上製251頁 朗読:柳瀬丈子氏、尺八:三代目榎本秀水氏、草壁主宰との対談CD付き 定価1,800円(税込) 2006年3月刊 
[内容] 美術に、建築に、旅に、世界に、家族に・・・岡野さんの情熱は世界狭しとばかりに飛び回る・・・
     「パルスだ/情熱だ/陽だ/感性の/爆発だ」
     「アドレナリンが/ドクドク垂れ流され/止まらない/『五行歌』の/すごさ 自由さ」

22.三友伸子五行歌集『小鳥の道案内』市井社 四六判上製321頁 定価1,200円(税込) 2006年7月刊
第2565回日本図書館協会 選定図書
[内容] 鳥に導かれながら、導かれるまま自然に詠う歌人。
     「お手本は/目指すものは/清らかさ/どこまでも/清らかなこと」
     「ジョウビタキが現れて/柵にそって/道案内/地面に降りる/サービスまでして」

23.高岡蘭五行歌集『ユリノキ』市井社 四六判上製226頁 定価1,200円(税込) 2006年11月刊 
[内容] ずばりと人の内面について言い切って、余燼も残さないような見切りが冴える。
     「人生は/許しの旅か/自分自身を許すことが/最終的な/解決法ならば」
     「リハーサルの/ない舞台/人生という名の/僥倖に満ちた/芸術品」

24.田上洋治五行歌集『聴こえる』市井社 15cm並製172頁 定価500円(税込) 2007年3月刊 
[内容] 感性のみずみずしい正しさ。
     「俺は/ふるさとの/土になり/ふるさとの風になる/それでよい」
     「一升の/水を飲み/一升の汗にかく/真夏の砂畑/キビを刈る」

25.篠田耐江五行歌集『慈しみの海』市井社 四六判上製184頁 定価1,200円(税込) 2007年11月刊 
[内容] 物事の意味のすべてを奪い取ろうとする目。
     「もうじき死んでゆくのね/目を閉じましょう/頬を寄せましょう/あなたと呼吸を合わせましょう/ふたりの呼吸をひとつにしましょう」
     「水底で/水を抱くにも似る/決して/至ることのない/君への想いは」

26.井戸喜美代五行歌集『風に乗って』市井社 文庫上製252頁 定価800円(税込) 2007年9月刊 
[内容] 心の歌、旅の歌。
     「改札口を出て/振り返ったら/大きく手を振っていた/今日一日/この人といてよかった」
     「大西洋の/最西端に立つ/ロカ岬は/海の始まり/海また海の広がり」

27.悠木すみれ五行歌集『花冠』市井社 四六判上製208頁 定価1,200円(税込) 2007年11月刊 
[内容] 人のしての豊かさと大きさ。
     「あぁ/あなたも/私を/好きだという/極上の花冠をもらう」
     「病んで知る/臓器のように/災害で知る/山あいの/鄙の名ひとつ」

28.?樹郷子五行歌集『渾身の赤』市井社 四六判上製240頁 定価1,200円(税込) 2008年04月刊 
[内容]?樹さんはシェイクスピア、ゲーテ、芭蕉と同じ総合型詩人である。季節、自然、恋、旅、生命、戦争、社会、生活などあらゆるジャンルの秀歌を持つ。(帯より)
     「全滅と聞いた防空壕から/小さいお前らが駆け出してきて/一生で一番・・・/剛毅な父が/いつもそこで泣いた」
     「川っぷちに出れば/匂いの違う風/あ、今/季節を/またいだようだ」

29.?地清子五行歌集『雫となって』市井社 A4変形並製152頁 定価2,000円(税込) 2008年05月刊 
[内容] この歌集は、まことに人の命の真実に肉薄するものである。(序より)
     「姉さんかぶりと/白い割烹着が/よく似合う/お母さんって/きれい」
     「個室の夜は長い/生かされている母に/異国の丘と/青い山脈を/耳元で唄う」

30.桑野 量『桜、鳴り響く』市井社 四六判上製66頁 定価1,000円(税込) 2008年05月刊 
[内容] 僕から君へ、君から僕へ、親から子へ、子から親へ。すべての思いを紡ぐ  二十歳の桜 今、鳴り響く(帯より)
     「かわいい子には/旅をさせろ/だから/すべての子が/旅立つ」
     「気持ちを/受け取ってもらえない/それが怖くて/何も言えなかった/言わなかった」

31.佐々木祈美『全部愛だった』市井社 四六判並製220頁 定価1,200円 2008年08月刊 
[内容] 埼玉よみうり五行歌年間大賞受賞! 九十歳の天才少女。(帯より)
     「愛と言う/字を知らない/としよりの/一生は/全部愛だった」
     「としよりの/世の中になれば/後世にのこるような/痴呆のうたなど/あるかも知れぬ」

32.本木光子『嫁』市井社 四六判上製326頁 定価(1,200+税)円 2009年03月刊 
[内容] 嫁となった家には、大舅夫妻、舅夫妻、合わせて四人の舅姑がいた。
      初めから詩歌を書いているよりも、実の生活に没頭しているから、生に厚みがある。田を作った厚みである。(帯より)
     「田植えの/お茶休み/死んだ/トドのように/眠る」

33.其田英一『なの花』市井社 四六判並製162頁 定価(1,000+税)円 2009年03月刊 
[内容] 「なにもないという/豊かさを/感じています/そう/なにもないのです」
この歌を最初に見たとき、私はふしぎなものを見たような気がした。それは、特別にいい歌を見るときの特徴的な感覚であるが、いままでにないものであること、そしていままでのもの以上に多くのものを含んでいること、である。(跋より)
     「もう/溶けてしまってもいい/と思う/なの花の/野辺」

34.佐々木エツ子『夫恋い』市井社 四六判並製223頁 定価1,200円 2010年03月刊 
[内容] 恋うという叙事詩! 添い遂げる愛の軌跡。
     「トチの花降る/階のぼる/人工呼吸器の/夫の姿/抱いて」
     「写真が笑み/音が寄り添い/文字に溺れる/あなた あなた/つのる夫恋い」

35.坂本愛子『花嫁人形』市井社 A5判上製 定価1,500円 2010年03月刊 
[内容] 天然性のひらめきを持った五行歌人! ユーモアのあるのびのびとした作風の歌群。
     「あさってって/言葉はいいな/明日ではなく/あさって 何が/あるでしょう」
36.叶 静游『大切な時間−癌との戦い−』市井社 四六判並製361頁 定価(1,200+税)円 2010年05月刊 
[内容] 五行歌で綴る癌闘病記! 告知、闘病、不安、葛藤、克己・・・。ガン患者の心の機微を真正面から書き綴った渾身の364頁!
     「どうして/こんなに/静かなのだろう/何もかも消え/空白だけがある」

37.吉川敬子『時の鎖』市井社 四六判並製257頁 定価1,200円 2010年05月刊 
[内容] 真実をみつめ続ける眼!
     「問いも答えも/内包した/一生命体/一生かかって/どれほど覗けよう」

38.高岡 蘭『しろつばき』市井社 四六判上製229頁 定価1,200円 2010年09月刊 
[内容] 高岡蘭さん、第二五行歌集。切れ味のいい歌満載。
     「私は/自分の運命の/デザイナーで作家だ/毎日/自分の物語を書く」

39.柳瀬丈子『風の伝言』市井社 四六判並製231頁 定価1,200円 2010年10月刊 
[内容] 柳瀬丈子さん第二五行歌集。生き物へのあたたかいやさしい目。自然への畏怖。
     「風の/通り道に/立っている/伝言を しかと/受けとめたか」

40.福家貴美『富士』市井社 四六判上製259頁 定価1,200円 2010年10月刊 
[内容] 福家貴美氏第二五行歌集。自然を切り取る目が冴える!
     「かまきりの子の/鎌もみどり/高々と上げ/青草の中/泳ぎ切る」

41.間中淳子『めざし』市井社 新書判並製96頁 定価(700+税)円 2011年03月刊 
[内容] タイトルの『めざし』はユニークなお母様を詠った五行歌から。女の本音をずばりと射抜いた歌や、しっかり人や物、自分さえも見通す作者の目が光る。
     「この性は/無限に/脱皮を続ける/少し怖い/蝶々」

42.須賀知子『ウフフ』市井社 四六判上製281頁 定価1,200円 2011年05月刊 
[内容] 芦屋五行歌会代表の須賀知子さん初めての五行歌集。「日常にきらめく言葉たち」のキャッチとおり、全編に幸福感と愛情がまばゆくきらめいている。
     花屋で/息子と/鉢合わせ/ウフフ/明日は「母の日」

43.叶 静游・和田郁子『旅−寛容の世界』市井社 四六判上製200頁 定価2,000円 2011年07月刊
[内容] 叶静游氏第二五行歌集。夫が五行歌を詠み、妻が写真を撮る、夫妻の旅日記。カラー写真86枚収録
     「尖塔のように/青空に林立する/ドロミテの/岩峰に/白雲が靡く」

44.下濱和子『恋物語』市井社 四六判上製253頁 定価(1,200+税)円 2011年08月刊 
[内容] 堺泉北五行歌会代表の下濱和子さん初めての五行歌集。磨きぬかれた作品群!
     「好きです」の/アクセルを/踏めないまま/大人になってしまった/恋物語

45.川上美也子『ありがとう −カルガモ母さんの五行歌集』市井社 四六判並製233頁 定価(1,200+税)円 2011年11月刊 
[内容] 脳性マヒの重度障がいのために、電動車椅子で移動し、「カルガモ母さん」として親しまれる、川上美也子さんの五行歌集。全作品手書きの文字にて掲載。
     何をしても/何もしなくても/時は待ったなしで流れるが/なんと/ゆったり流れることか

46.萌子『海と生きる』市井社 四六判並製261頁 定価(1,200+税)円 2011年12月刊 
[内容] 長野の山で生まれ育った作者が、石巻の海で生きる覚悟! 最後の「海と生きる」は津波の章
     砕くこと出来るなら/指の間を墜ちる/砂の細やかさで/心よ/光れ

47.芳川未朋『く、』市井社 四六判変形並製174頁 定価(1,000+税)円 2012年2月刊 
[内容] 熊本五行歌会代表の芳川さんの五行歌集。どれを見てもよく、一つ一つに今まで書かれたことのない魅力がある。
     蝉よ/地上は/うつくしいか/おまえの/ながい夢のそれより

48.下瀬京子『芽刻』市井社 四六判並製255頁 定価(1,200+税)円 2012年4月刊 
[内容] 生命の世界をとらえた歌。色彩ある透明な影
     鳥に/さやぐ森のある如く/人には/人のつながる/囂囂たる森がある

49.叶静游『フクシマに立つ』市井社 四六判並製184頁 定価(1,200+税)円 2012年7月刊
[内容]忘れない 忘れてはいけない! グリーン・ルネッサンス
     小さな種を/蒔いて五十年/漸く/脱原発の/緑が広がる

50.酒井映子『ひまわりの孤独』市井社 四六判並製228頁 定価(1,200+税)円 2012年10月刊
[内容]自ら自分自身を創るという豊かさ!
     従順な心には/深々と/刃が/刺さっている/ことがある
     ただ微笑むだけで/いい/赦すのは/神の/領域だから

51.大友誠三『ナニャトヤラ』市井社 四六判上製370頁 定価(1,500+税)円 2013年2月刊
[内容]いわき民報ふるさと出版文化賞特別賞受賞!
     17年の集大成! 限りない優しさに包まれた歌群!
      燕たちが/巣立った/うちの子はどこかと/しばらく/空を探す
     埴輪の目の/闇の奥から/弥生人が/こっちを見ている/一人じゃない

52.中邨安榮子『折づる』市井社 四六判上製180頁 定価(1,200+税)円 2013年4月刊
[内容]女性の感性が書いた昭和史!
    「遺骨がコトッと/泣くさかい、こうして/抱いていますのや」/軍国の母が落とした/血の涙
     「この乳を吸うて/戻れ」と泣き乍ら/息のない子に/胸押しあてた/分娩室も凍る如月

53.飯島治雄『背中押さないでよ』市井社 新書判並製162頁 定価(700+税)円 2013年8月刊
[内容]受けとめる知性 ソファの感性!
     人生の下り坂/もくもくと/歩む/背中/押さないでよ
     人は二度死ぬ/魂が飛び去った時/そして/想い出からも/消えた時

54.蛇夢(じゃむ)『それって食えるのか』市井社 新書判並製94頁 定価(700+税)円 2013年10月刊
[内容]批評精神は、自分を刺し、やがて刺すこと自体も批評し、いつか肯定し得るものを掴み取るに相違ない。
     ゴミ袋に捨てた針/としての私/突き出して/人を/傷つける
     空から/ドサリと/自分の死体が/落ちてきそうな/ビルの谷間

55.甲斐原梢『2013・♂・66』(2013年・男・66歳)市井社 四六判上製・200頁 定価(1200+税)円 2013年12月刊
[内容]最も冷静な科学者が、思いによる「全て」についての交響詩を奏でた。
     全てのものは/光でさえ/深い/闇から/生れでる
     最後には/寄り添うのみ/人間/この/簡潔なるもの

56.西部 稔 『カピバラの夢』市井社 四六判上製・208頁 定価(1204+税)円 2014年4月刊
[内容]長崎県初の五行歌集! この歌集は、その正直について最も考えさせられる歌集である。
     本音って/疲れるんだよな/という言葉に/素直に/「うん」とうなずく
     柩もなく/花もなく/キャンドルもなく/ただただ眠る/春のカピバラ

56.宮澤慶子『花びらが零れないように』(はなびらがこぼれないように)市井社 四六判上製・274頁 定価(1200+税)円 2014年5月刊
[内容]受容する豊かさ。さまざまな色彩の世界
     少女のからだに/木漏れ日が斑に映る/めんこい縞馬が/突如現れたよう/白樺の林が動く
     想う人に/薔薇をさしあげよう/花びらが零れないように/息を止めて/鋏を入れる
     荒縄が/いっきに/解けるような/冬の夜の/湯舟

57.井椎しづく 五行歌集『慈雨(アムリタ)』市井社 四六判変型・仮フランス装・256頁 定価(1200+税)円 2014年7月刊 
[内容]これは、みずいろの声とでもいいたい声である。彼女を救った慈雨というようなものか、あるいは、そのたたずむ水辺の風景か。
     美しい人に出会った/人形のような/それでなく/人間の/うつくしさだ
     交尾の後/横たわる/屍/それがお前の/生まれた意味か
     傷口に/かけられた/ガーゼ/優しい/うそのにおい

58.菅原弘助 五行歌集『七曲り峠』市井社 四六判上製・296頁 定価(1,500+税)円 2014年9月刊
[内容]男歌を可能にしようとした、男のうたびと!
     人はなえ何して/皆 死ぬあだ/そうせば/今、生ぎでる/この世はなえ何なあだ
     死にゆく/その日から/逆算すると/今日の日は/鮮明だろう
     雪下ろしの途中/土足で/水屋に入り/厚切りの肉を/焼いて喰らう

59.大本あゆみ 五行歌集『鍋』市井社 四六判変型・上製・234頁 定価(1200+税)円 2014年11月刊
[内容]人生、生活、周辺のことごとくを冷静に見透かしていることに感心する。そこにかすかに漂わせているユーモアが、真実の芯とも重なって、世界を展示していく。それが読み手には楽しい。
     焦げ付いたところが/また/焦げ付く/嫉妬心のような/フライパン
     蜘蛛の巣のあみだくじ/どこを引いても/大当たり/ゴールで/蜘蛛が待っている
     覗いても/底が見えない/今が/どん底だと/思う

60.かずみ『ええねん』市井社 四六判上製・300頁 定価(1200+税)円 2014年12月刊
[内容]多くは関西弁で書かれているのも、日ごろの生きた自分の言葉をしんじているからであろう。貫けば、個性はあらわれる。
     ええねん/いまも/夢みる/夢子の/ままで
     私に頼り切る/老母が/老人ホームを/仕切る/車椅子走らせて

61.水源純『しかくいボール−子どものことばは道しるべ』市井社 四六判変型・並製・160頁 定価(1,000+税)円 2015年4月刊
[内容]子育て中のママに贈りたい、水源純待望の第3五行歌集。儚くて、それでいて永遠の虹のような記憶。そこは、とろけるような母と子の時間で満ちている。
     初めて見たサイコロを/じーっと眺めてかんがえて/それから彼は/高らかに叫んだ/「しかくいボール!」
     ただいまも言わず/桜ひと房/差し出すから/おかえりを言うのも/忘れたじゃない

62.ひまわり『ありがとね、ありがとね、ありがとね』市井社 四六判上製・292頁 定価(1200+税)円 2015年5月刊
[内容]作者の弱者に対する優しさのようなもの、これは彼女が五行歌にかかわってくれたときから一貫していた。それが大きな花となった気がした。
     勉強し続けないと/僕の頭は忘れるんです/だからずっと勉強します/ああ、この子に/花束をあげたい
     用意した夕食を/息子に/ひっくり返され/泣くこともできず/突っ立って居る

63.村岡遊『心奥のルージュ』市井社 四六判・上製・282頁 定価(1,200+税)円 2015年8月刊
[内容]その黒は赤にも変わる華やかさと鮮やかさを持ち、また瞬時にして純粋の白にも変わる激しさを持つ。これが村岡さんの個の世界である。個は力であり、色彩であり、智恵の深さでもある。
     本物の愛は/手放してから/気づく/凄絶な/理解
     紅筆など/なかったのだろう/若かった母の/紅差し指が/しなやかに舞う/

64.南野薔子『硝子離宮』市井社  新書判・並製・168頁 定価(700+税)円 2015年9月刊
[内容]彼女の美意識の選ぶ絵の具は主として黒と銀である。僅かに暗緑と青、深紅を用いる。これが言葉に対する厳しさの証しであるとでもいうように、烈しく禁欲的である。
     花を飼いたい/凶暴に乱れ咲く花/あらゆる欲望を喰んで/昂然と/美しくなる花
     心の/ほとりに/離宮を造る/美しい刹那ばかりを/棲まわせる

65.秋葉 澪『踝になみだ』市井社  四六判変型・並製・266頁 定価(1,200+税)円 2015年11月刊
[内容]私は歌の条件の一つとして、「いままでに見たことのないもので感動させる」ものと言っているが、彼女の集はそれで成っている。その歌のどれにも、新しいものの見方と表現があり、しかもよくわかる。
     頬に/乗れなかった泪が/踝に溜まっている/泣きたくても泣けなかった日の/ふんばりを支えて
     波しぶきの先端が/シュワッと/集まったみたいな/生しらす/海からの手紙

67.悠木すみれ『青い金平糖』市井社  四六判・並製・154頁 定価(1,000+税)円 2015年12月刊
[内容]生命 そのにおいを描ききる、生命(いのち)のうたびと
     ホッ ハッ ホイ/と/コマ送りを/見ているような/トカゲの動き
     結球を突き破って/現れ 咲くという/キャベツの花の豪快さに/何だか/笑いがこみ上げてくる

68.蛇夢『上映禁止』市井社  新書判・並製・92頁 定価(800+税)円 2016年1月刊 
[内容]歌は非常に辛らつである。彼の批評を免れ得るものはないといっていいくらいだ。
     サヨナラ僕ノ恒星/君トノ間ニ/引力ハ働カズ/遠心力ハ/増スバカリ
     百鬼夜行図絵/俺がゐる/舌まで/チロチロ/出してゐる

69.永田和美『ほんとのこと は』市井社  四六判・並製・228頁 定価(1,200+税)円 2016年3月刊 
[内容]目立たない言葉で静か に書かれているのに、こんなに豊かさと奥行きがある。静かに始まり静かに終わる豊かなドラマ。
     ほんとうのこと/は/自分に/だけ/言う
     この世で/いちばん強いのは/芯の芯から/やわらかい/こころ

70.福田雅子『馬ってね・・・』市井社  四六判・並製・204頁 定価(1,200+税)円 2016年7月刊 
[内容]馬というものが、いままでにはないもののように見えてきて、かつそれは世界の理解につながっている。
     馬と私が/空気の一玉となって/ふわっと弾む/体験乗馬の/まさかの一瞬
     大きな目玉で/見下ろし/私を品定めする/乗馬センターの馬に/お愛想は通じない
     台風と初雪が/北海道で/出会った日/アイヌの神様は/気絶した

71.河田日出子『机と椅子』市井社  四六判・並製・246頁 定価(1,500+税)円 2017年3月刊 
[内容]文学を行う者は真実を表そうと努めつづける。ほんとうの言葉と信ずることができる。
    私という/人間の/完成がみたくて/文学を/やっている
    自分の考えが/全く/正しい/それが/私の問題だ
    何もかも/夫が居ての/感動だった/パパ起きましょうか、と/言えない朝のうつろ

72.遊子『薔薇色のまま』市井社  四六判・並製・262頁 定価(1,200+税)円 2017年3月刊 
[内容]完成度の極限にまで高い歌が、そこここにある。読むにしたがって、まぶたの裏に涙がたまり、あふれんばかりになった。
    「ただいまぁ」の/声に/信州は/山の緑/空の青
     青空一枚で/折った鶴を/浅間のてっぺんから/世界中の空へと/飛ばしてみたいよ
     いい歌は/水琴窟に落ちる/水音のよう/心の奥まで/響いてやまない

72.三友伸子五行歌集『宇宙人に背中おされて』市井社  四六判・上製・296頁・2色刷 定価(1,500+税)円 2017年4月刊 
[内容]題材選びの的確さ、無駄のなさ、適切な冗長さ、うなづけるものの見方、歌を分析していくと、彼女は最もよいものを選んでいる。
    いいものを/いいと見極める/眼は/いいものに/培われる
    おにやんまが/網戸をノックしている/開けてやると/わたしの頭に/チョコン
    恥をかく勇気を持て=^って言うじゃないの/こっそり/自分を/はげましている


73.【そらまめ文庫み1-1】水源カエデ『一ヶ月反抗期 - 14歳の五行歌集』市井社  新書判・並製・96頁 定価(800+税)円 2017年9月刊 新刊!
[内容]四世代にわたる五行歌の申し子。家族の問題に直面して苦しみ、それを五行歌として正面から表している。
    なんか/ほんとの/はなしを/すると/おちつくね
    人間は顔に文字がある/だから/表情で読まれてしまう/だから/僕は怒られる
    友達に/裏切られるより/親に/裏切られた方が/何億倍も悲しい

74.【そらまめ文庫こ1-1】高原郁子(こうげん・かぐわし)五行歌集『雅』 市井社  新書判・並製・104頁 定価(800+税)円 2017年9月刊 新刊!
[内容]彼女の歌は人が確信を持てるなにかに至った時の、喜びの迫力で満ち満ちている。
    死ぬなんて/何と勿体無い/此の世は/自分が思っているより/遥かに広いぞ
    今、主人と私で/必死で娘を/育てている/主人と私は/運命共同体
    自分の/産んだ子より/美しいものが/此の世に/有るだろうか

75.柳瀬丈子五行歌集『波まかせ ~ 旅 ~』市井社  B5判変型(w182xh170)・上製・46頁 四色刷 定価(1,500+税)円 2017年10月刊 近刊!
[内容]波まかせの船旅の中、驚きの風景、自然との出会い、飽かずに眺めた記しとしての一冊。旅先で撮影したカラー写真10枚掲載。
    船、南転。/サソリ座の位置が/少し変った/地球は一つの/巨きな磁石
    遡上してくる魚群/川はたちまち/虹色になる/八月の/アラスカ
    旭日が/染め上げる/南極の空と海/氷結したまま/一気に血の色

76.三葉かなえ五行歌集『プロジェクションマッピング』市井社  四六判・並製・124頁◆定価1,000円+税◆ISBN978-4-88208-151-7◆2017年11月刊 近刊!
[内容]16歳から26歳までの作品厳選99首掲載。「繊細でありながら、果てしなく勇敢なことば。痛みにも目を背けることなく、世界を信じて、よりそっている」(文月悠光)
    もみじ色や/いちょう色の魚が/空を泳いだのか/道端に落ちる/秋の鱗
    墨をぬって/和紙をおしあてよ/心が傷だらけなのは/人生の版画を/刷るためなのだから
    クジャクの背/大きな扇はまるで/一筋一筋/電気が通った/プロジェクションマッピング



新刊電子書籍入門書五行歌選集草壁焔太五行歌集個人歌集その他

【えほん】
1.『つなみのえほん』くどうまゆみ 市井社 B5判上製46頁 定価1,200円+税 2012年5月刊 第3刷!
[内容] にげて! なにももたずに! もっともっと高いところに!
   子どもたちに語り伝えよう! 避難所で作られた感動の手作り紙芝居が、絵本化!
   南三陸町在住の作者が、自ら文と絵と五行歌でつづる、避難の記憶。学校、図書館、家庭に必需の一冊!




【詩集その他】
1.詩集『女のうた』河田日出子 市井社 四六判上製332頁 定価1,500円 2009年1月刊
[内容] 夫や息子に対する詩歌も、自然で、当然で、うそがなく、よく理解できる。こういうものは、一方的で読めないものになることも多いが、正直さが徹底しているためか、河田日出子という女性の居間を覗かせているもらっているように感ずる。妻らしさ、母らしさが、真実で個性的である。決して溺れていない。すべてを言うことに賭けているのである。 (草壁焔太・跋より)

2.詩集『愛、怨嗟の果て』?橋常雄 市井社 四六判上製269頁 定価1,500円 2010年11月刊
[内容] 詩、俳句、歌詞、五行歌。
獺祭の夜に女が
斧で柵を切ることを
獲物は知っていた
   (獺祭の夜より)

”官能美に酔わされる詩、ときにはもてて陶然と楽しむ詩、騙される詩、そして決定的にさながら地獄に落とされた詩、このセットがなんともいえない人生の真実、とくに男のたどる道そのものと思われるのだ。
 かくて『愛、怨嗟の果て』は仕上がった。”(草壁焔太・跋より)




【ノンフィクション】
1.『フミコと芙美子』池田康子 市井社 四六判上製525頁 定価3,000円 2003年6月刊
[内容]作家林芙美子の生誕100年に、尾道在住の作者が膨大な資料をまとめた。芙美子の娘的存在だった大泉渕さんと筆者との対談(100頁)掲載。

2.河田日出子 『俺はこわれちゃったんだよ-五行歌と文章で綴る在宅介護日記-』
市井社 四六判並製276頁 定価(1,200+税)円 2013年4月刊

日本図書館協会選定図書
[内容]発病から8年間在宅介護で看取った妻の全記録!
 お出かけは/いつも病院/アルツハイマーの夫に/ばりっとした/背広を着せる
     痴呆の夫が言った/「好きだよ」/そら耳かしら?/いやほんとに言ったと/夫の首を抱く


新刊電子書籍入門書五行歌選集草壁焔太五行歌集個人歌集その他


【月刊『五行歌』バックナンバーと支部会誌】

月刊『五行歌』は、2013年1月号以降の1冊1000円+送料200円で、バックナンバーが入手できます。五行歌の会へご連絡ください。2013年より前は品切れです。
また、各地で支部歌会誌も多く発行されています。こちらは各歌会へ問い合わせください。


【五行歌に関係ある書籍】

堀田正直『わらくえ』市井社、3000円(五行歌絵本)、
松本孝博『人間に帰れ企業人』市井社、1456円(五行歌とエッセイ)、
草壁焔太『散文人間、韻文人間データ人間』市井社、2000円(文章の中における五行歌の位置)、
松崎俊道『あなたを変える67の時間習慣』ダイヤモンド社、(五行歌入り実用書)、
夏目祭子『ダイエット破り』河出書房新社、1600円(五行歌折り込み文学といわれる)があり、各出版社から入手することができる。
また、草壁焔太初期詩歌集のうち五行歌を含むものには、
『ほんとうに愛していたら』『恋人の子守歌』(以上新書館)、
『赤い頬に頬をよせると』光風社(絶版)、
『西池袋物語』六藝書房(絶版)、『ハ・キトーホーヒ・エン』市井社があり、
文章中に五行歌を含むものとしては、
『もしも君の瞳が涙であふれたら』、『君はいま何処をさすらう』光風社(青春論2部作)があるが、市井社の刊行物以外は、いずれも現在入手不能である。