新刊ピックアップ!

本のご紹介

2022年11月新刊『承認欲求』

そらまめ文庫ロゴ
カバー画像
【書誌情報】

[そらまめ文庫 み1-2]
書 名: 五行歌集 『承認欲求』

著 者:水源カエデ
新書判・並製・96頁
定価880円
(本体800円+税10%)
ISBN978-4-88208-198-2
発行日:2022年11月18日

◆◇水源カエデ五行歌集◇◆

 『承認欲求』とは何かと思ったら「いいね」のことだった。「いいね」の数、確かに多少気にしている自分がいる。しかし、それはほんとうに求めていることでもない。

 代わりがきくもので
 選ばれるより
 自分しかできないもので
 選ばれる方が
 嬉しいのだ

 著者は、ほんとうの欲求をちゃんと示している。彼は十九歳にして、二冊目の歌集を出すことになったが、ほんとうの自分を掴んでいる。いっさい幻想を抱かず、自分自身を見極めているのが、この歌集の大きな長所であろう。
 彼は、五行歌のふんいきの中で育った青年で、どういう人になっていくのか、私自身非常に興味を持っている。もの思う人になってほしい、と秘かに願ってもいる。
 幻想を抱かず、いい方向に向いているから、これからに期待できる。  土台も、方向も、自分自身もできた。
 さあ、これからである。社会、世相について否定的な歌が多いが、これからは肯定が基礎になってくる。一つの肯定がしだいに固まり、大きく、豊かになって自分はそれ以外の何物でもない、となってきたとき、人皆から選ばれた人となる。
 私は、そう思う。

(五行歌の会主宰草壁焔太・跋文より抜粋)


◆◇著者プロフィール◇◆

水源カエデ(みなもと・かえで)
2003年 神奈川県川崎市生まれ
2017年 『一ヶ月反抗期』出版
2022年 都立荻窪高校卒業
現在、日本大学芸術学部在学中
SNSなど様々な媒体で多面的に活動中


◆◇あとがき から◇◆

 ・・・この歌集は逃げずに自分と向き合った。
 詩は書き下ろしで写真も編集もすべてセルフプロデュースして逃げられないようにしてやった。ここまでしないと、変なプライドを捨てられなくなってしまった自分への戒めの意味も込めて、タイトルは一番言われたくない『承認欲求』にしてやった。
 

(著者・あとがきより抜粋)


◆◇目次◇◆

第一章 未熟者
第二章 操り人形
第三章 承認欲求
第四章 ソリチュード
最終章 主演・カエデ

 跋 草壁焔太
 あとがき


◆◇収録歌 紹介◇◆

課題期日までに出して
テスト勉強して
いい成績取って
そんな自分に
嫌悪感を抱く


万人に愛されたい
ずーっと
チヤホヤされてたい
特別に愛することなく
身勝手

おぉ〜って
言われるために
やっている
自分は
一番の中毒者


自信満々で
人前に出てるように
見えるだけで
出るまでずっと
不安と戦ってるんよ

ブレーキが
備わってから
少しはまともに
なったけど
やっぱいらないかもな


嫌いな人がいない
つまり
それだけ
周りに
気を遣われてる


Page Top ▲

ホームページ テンプレート フリー

Design by