新刊ピックアップ!

本のご紹介

2020年12月新刊 『宇宙人観察日記』

そらまめ文庫ロゴ
カバー画像
【書誌情報】

【そらまめ文庫 や1-1】
書 名:『宇宙人観察日記』

著 者: 山崎 光
新書判・並製・ 144頁
定価800円+税
ISBN978-4-88208-180-7
発行日:2020年12月1日



◆◇内容紹介◇◆

中学時代に五行歌に出会い、読売新聞さいたま版「よみうり五行歌」にて入賞多数の実力を持つ、五行歌界の若きホープ。
子どもから大人への階段の途中、立ち止まり、迷い、考え、もがく。
大学生の今、ハッシュタグ宇宙人となった彼の五行歌に刮目あれ!




クジラが
ブラントンを
吸うように
人を馬鹿にして
生きている

私は、彼の本音がこれであってほしいと内心思う。彼のように内省が人一倍強い人が、こう言ったなら、私は人も世間も理解できる。たぶんそうだろうが、内省心の権化のような彼は、めったにそうはいわないのだ。
こうして、私はもっとも期待する少年が、二十歳を過ぎて、宇宙人になっているのを見た。彼は、私の未来なのである。私の思う未来人である。だが、いや、だからこそどこかに隠れている。
(中略)

今から
逆走しても遅いよ
スタートから
後ろに走っている人も
いるのに

彼はまだ人生に入っていないくらいの年齢である。人生は頭で思うこととは反対のことを知らされて展開されていく。頭で知ることができないことを知る上でも、巨人であってほしいな、と、私は私の未来を夢みる。 (草壁焔太五行歌の会主宰・跋文より)





◆◇著者プロフィール◇◆

山崎 光(やまざき・ひかる)
1999年、埼玉県生まれ
2015年、読売新聞さいたま版「よみうり五行歌」2014年度年間賞受賞
同年、五行歌の会入会
現在(2020年)、早稲田大学文学部在学中
五行歌の会同人、小江戸五行歌会代表



◆◇目次◇◆

1 半分になった公園
2 サクラサク
3 冷え固まった鉄
4 生きぞこない
5 むしょく
6 食べ散らかし
7 暗くなったら
8 愛・人間博
9 みんな主人公
10 何者にもなれないよ
跋 私の夢みるうたびとへ 草壁焔太
あとがき




◆◇収録歌 紹介◇◆

ヒトの眼は
静止するものを見れない
私も
平凡な日常を
幸せと見れない


さすがに
奴隷よりは
ましだと思い込んで
生きてきた
現代の奴隷



拷問は
あらたなる
拷問に
よってしか
終わらない


子供であったことを
うらやましく思い
そのうち
人間であったことも
なつかしく思う



また君と見れた

愛の合格通知
みたいだ
サクラサク


光速で
地球を狙う
宇宙人も
擬態するのなら
私も



Page Top ▲

ホームページ テンプレート フリー

Design by