新刊ピックアップ!

本のご紹介

2020年9月新刊 『母よ 妻よ』

カバー画像
【書誌情報】

書 名:五行歌集
『母よ 妻よ』

著 者: 大村勝之
四六判・上製・ 328頁
定価1,500円+税
ISBN978-4-88208-177-7
発行日:2020年9月7日



◆◇内容紹介◇◆

嘘がない。歌に表されている愛、感謝、信頼、まことが、大村勝之という人そのものなのである。口ごもったり、照れたりすることもない。そのままを書く。そのそのままの気持ちが、男、人間の本来持つべき心だと感ずるようになった。
さらに、私はいままでの日本の詩歌史までを疑うようになった。長い間、人間の気持ちを書き続けて来た詩歌史が、これほどまでの男の母や妻に対する愛と感謝、信頼、まことを表したことはない。何故なのか、と。 とすれば、大村勝之さんは、最初の愛のうたびとではないか、と。
(草壁焔太 跋文より)





◆◇著者プロフィール◇◆
大村勝之(おおむら・かつゆき)
1945年 栃木県生まれ。埼玉県さいたま市在住。
1964年 岩倉高等学校運輸科卒業
1964年 日本国有鉄道入社
1987年 民営分割により東日本旅客鉄道株式会社
2003年 五行歌の会入会 同人 大宮五行歌会代表

◆◇目次◇◆

母よ 1
母よ 2
母よ 3
妻よ 1
妻よ 2
夫婦の歌

愛する五行歌
介護の歌
老 母の手紙
父の歌
孫の歌
家族の歌
懐かしい日々
四季の流れ、時の流れ
跋 草壁焔太
あとがき




◆◇収録歌 紹介◇◆

老母はは
鉱泉煎餅を
私と一緒に食べたくて
二つに割って
待っている


すやすやと眠っている
その寝顔が
とても可愛い
老母ははを思わず
抱き上げたくなる



逢いに行く
わたしを
神様か仏様のように想うのか
老母はは
毎回手を合わす


散髪をして
香りが残る
老母はは
今日は美しいですねで
にこっと笑う



妻が突然
 天気がいいから散歩しようかと
言ってきた
私は嬉しくて
お気に入りの帽子を被る


妻が
優しいから
私の
歌も
優しくなりました



Page Top ▲

ホームページ テンプレート フリー

Design by