新刊ピックアップ!

本のご紹介

鬼ゆり五行歌集『だいすき』

そらまめ文庫ロゴ
カバー画像
【そらまめ文庫 お1-1】

書 名◇五行歌集『だいすき』

著 者◇鬼ゆり

新書判・並製・128頁
定価800円+税
発行日:2018年11月23日
ISBN978-4-88208-159-3


◆◇著者プロフィール◇◆

鬼ゆり(おにゆり)

1946年生(群馬県高崎市)
2016年より五行歌の会会員
2017年7月より上毛(かみつげ)五行歌会会員




◆◇跋 より◇◆

 「夫」の章で、結婚八年でご主人を亡くされ、二人の娘を育ててきた人と知る。この歌集には書かれていないが、彼女は働きながら子育てもしたのであろう。持ち前の明るさで、その苦労話は「母の私は 強くなった」という一首に込められているようである。
ほとんどが、家族に対する自分の気持ちを伝える歌である。
その気持ちのすべてが、「だいすき」なのだ。みごとな生き方だと思った。
うたびとにもいろいろな役割がある。うたびとは、それぞれの役割を果たす。鬼ゆりさんの役割はまわりの人を愛し、人の心を明るくする役割であろう。
夫、父、母、祖父母、娘、家族、孫編と、彼女は自分のまわりの家族たちに、「灯り」をともすように歌を書く。人がだいすきで、人も彼女をだいすきなのである。
五行歌のおかげでこういう人を知ったことがうれしい。
鬼ゆりさん、いつまでも、まわりに灯をともし、「だいすき」を伝えて行ってほしい。
(五行歌の会主宰 草壁焔太)



三回も断っての
見合結婚
縁があったのか
無かったのか
たった8年の縁


墓を買った
墓石に
「だいすき」
がいいと孫
「だいすき」と刻んだ

あなたの娘で
良かったと母に
娘も
あなたの娘で
良かったと私に


孫二人が
「私のママよ」と
娘の前と後に
しがみつく
「私の娘よ」と私

ママを生んでくれて
ありがとう

孫から
言葉のプレゼント


人並みの体験より
人並み外れた体験は
何より強い
母の私は
強くなった



ホームページ テンプレート フリー

Design by