新刊ピックアップ!

本のご紹介

五行歌20周年の集大成。五行歌創始者渾身の書き下ろし詩歌論!


書 名 ◇ 『五行歌 誰の心にも名作がある』

著 者 ◇ 草壁焔太
価 格 ◇ ¥ 1,400+ (税)

四六判・並製・272頁
本体1,400円(税別)
発行日 2013年12月10日
ISBN978-4-88208-125-8


【電子書籍版 Kindle本】
ISBN978-4-88208-143-2
【2016/12/10新発売!】Kindleストアにて発売中!

リフロー型電子書籍にレイアウトを再編集しました。
Kindle本は、Kindle電子書籍リーダー、KindleFireタブレットの他、スマートホンのアプリ(Kindle forAndroid,Kindle for iPhone)、パソコン(Kindle for PC)にて読むことができます。
アプリをダウンロードして、ご利用ください。
サンプルは無料で閲覧できます。
KDPセレクトに登録しておりますので、Kindle端末オーナーでAmazonプライム会員の方は、Kindleオーナーライブラリでご利用になれます。また定額購読のKindleUnlimitedサービスも対象です。ぜひダウンロードしてください!
Kindle MatchBookも申請中ですので、印刷版本をAmazonで購入すると格安で電子版を購入できます。しばらくお待ち下さい

◆◇ 人はみな芸術品であるべきだ、とする著者の人間総うたびと論! ◇◆
五行歌20周年、創始者書き下ろし新刊のご案内です。

五行歌の起こした改革を多くの方へ伝えたい!
●全校生が五行歌を書く川越市立高階中学が名門校と呼ばれるようになった
●ぐれたアメリカの中学生が、五行歌を書いて、人の話を聞くようになった
●尊敬される高齢者の五行歌人が続々出ている ...etc.

【目次】
 第一章 五行歌を発想したころ
 第二章 作品サンプルで五行歌を見る
 第三章 誰の心にも名作がある
 第四章 言葉の粋に至る道
 第五章 古代歌謡と五行歌
 第六章 個性と普遍と未来と -柿本人麻呂を中心として-
 第七章 人はみな王であり、女王である

●五行歌をやって、誰の心にも名作があるということを確信した。
●古代歌謡のフレーズに、「ええなあ」「よろしなあ」という関西弁がある。
●五七五七七形式は、漢詩の影響下に、突然、七年間の間に作られた。
●人はみな王であり、女王である。
●人が生まれつき王であり女王であるための領土は、それぞれの頭の中にある。
●芸術上普遍的なものは、その人がいなければ想像もできないものである。
●人はみな芸術品であるべきだ。
●万葉は人麻呂の意思の下に用意された。
●万葉という言葉も人麻呂のもの。
●五行歌は、旧詩型と違い、思想(思い)を創ることができる。



・ 五行歌は、日本語の文脈の中で、よりありのままに、より忠実に、より自由に、私たちの「思い」を言葉に表わす手段として、本書の著者である草壁焔太が創作し、人生をかけて育ててきた芸術である。五行歌は、言葉を使って可能な限り、「感じたままを表す方法として考えたものである」(229頁)。そして、「気持ちをそのままに表す」ことこそが、草壁によれば、「詩歌の根本」なのである(231頁)。
 その後ほどなくして、草壁は、日本の言葉の、あるいは、日本の詩歌の、歴史を丹念に振り返ってみれば、その最古層に、厳然として存在していたものが、五行歌と本質を同じくするものであった、ということを発見する。「私のやろうとしていたことは、古代歌謡のなかに厳然としてあったのだった」(36頁)。この時の、草壁の驚きと喜びは、いかばかりであっただろうか。「自分が五行歌を発想し、その五行歌の根拠を探してみたら、古代歌謡が五行歌の大祖(おおおや)だったのだ。創造の矢と勉強の矢は一致して、同じところに同時に当たったのである」(38頁)。(50代 男性)

・全編を通して、そこかしこにちりばめられた言葉の数々は、日本・世界の文芸論に留まらず、懐の深い人生論、達観した世界観にも通ずる深い思いを表現しているように感じました。(50代 男性)

・本書の構成は、従来の類書と比べて五行歌の基礎から未来展望までを網羅したオールラウンドな解説書として仕上がっていると思いました。(70代男性)

・全ての章を通し一貫して唱えられているのは「真実を書く」ということだ。「人が正直になって歌を書き、その人柄のよさで繋がる」ということの素敵さは、自分自身歌仲間との関係を顧みて納得できる。「最終的に人類をよいものにするのは、支配・所有の戦いではなく、真実を示し合い、理解し合うことによる融合によってである。」この言葉にそんな世界の実現を強く望んでしまった。
(中略)最も興味深かったのは、個性的であると同時に普遍的であるという、一見相反した芸術の理想である。個性的でありたいと常々思う。それは歌を詠む者誰もが願うことだ。しかし同時に普遍的であり得るというのはどういうことなのか。先生の答えはこうだ。「思いの深さ、十分なもの思いで自身を見つめ、人の感じ方を思い、その上で偽らず表すことができれば、個性的な感性は普遍化する。」
(中略)浸食し合わないのにそれぞれ個性を持ち、輝いている。そして「個」の領土はまだ広がっていきそうだ。読み終えて、気持ちが明るくなった。(50代 女性)



line

ホームページ テンプレート フリー

Design by