五行歌の会掲示板
承認式になります。五行歌作品は、五行歌作品掲示板へどうぞ。
添付可能な画像: JPG、GIF、PNG 最大サイズ: 300KBまでです。
名前
題名

内容
画像
削除キー (英数8文字以内)
 秋田三歌会合同 鴻巣・熊谷合同歌会 えんた  2018年11月11日(日) 15:24
削除
11月4日は秋田・横手で行われた秋田三歌会合同歌会に参加しました。和気あいあいとしたとてもいい歌会になりした。翌日は高橋文夫さんの案内で、ふるさと村を見て歩きました。詳細は日誌に書きます。
 5日は羽後町の高瀬小学校で五、六年生と歌会を楽しみました。
 私が参加してとろけそうになる最高の歌会です。菅原弘助さんが作ってくれている歌会です。
 11月10日は、鴻巣200回、熊谷15周年合同歌会に参加しました。30人近い方の参加で、とても賑やか、両歌会を維持されてきた福家貴美さん、礒貝美智恵さんに感謝します。
 

 高瀬小学校の様子が新聞に 五行歌の会事務局  2018年11月14日(水) 11:19 削除
草壁主宰は、11月5日は秋田羽後町の高瀬小学校で五、六年生と歌会を行い、その様子が秋田魁新報紙に掲載されました。

https://www.sakigake.jp/news/article/20181110AK0009/

 マイコフさん(フジモト芽子)さんの作品展 五行歌の会事務局  2018年11月5日(月) 11:44
削除
五行歌の表紙絵でおなじみのマイコフさんこと、フジモト芽子さんの作品展があべのハルカス近鉄本店で7日から始まります。
お近くの皆様、ぜひお立ち寄りください。

 展示詳細 五行歌の会事務局  2018年11月5日(月) 11:45 削除
会期や在廊日はこちら

 秋の五行歌展示のご案内2 五行歌の会事務局  2018年11月5日(月) 11:26
削除
全国各地で五行歌展が開催されます。
秋の行楽の際、ぜひお立ち寄りください。

【狭山、狭山水曜の両五行歌会作品展】
日程:11月1日(木)〜6日(火)
場所:狭山市交流センター三階の第一ホール
 (狭山市民文化祭に参加)

【豊中歌会五行歌展】
日程:11月9日(金)〜11日(日)
場所:蛍池公民館
 (公民館祭りに参加)

【千里歌会五行歌展】
日程:11月16日(金)〜18日(日)
場所:千里公民館
 (公民館祭りに参加)

【金沢文庫五行歌会作品展】
日程:11月10日(土)〜11日(日)
場所:横浜市金沢区釜利谷の坂本町内会館
 (同町の文化祭に出展)

日程:11月24日(土)〜25日(日)
場所:同区釜利谷の西金沢コミュニティハウス
 (開館二十周年記念の文化祭に出展)

【青葉・都筑両歌会作品展】
日程:11月14日(水)〜19日(月)
場所:アートフォーラムあざみ野
 (青葉区民芸術祭参加。15日(木)、17日(土)は青葉歌会の皆様が在廊予定

【鎌倉・逗子五行歌会色紙展】
日程:11月16日(金)〜18日(日)
場所:逗子市民プラザの1階ロビー
(17日(土)午後1時より歌会開催)

 秋田へ えんた  2018年11月3日(土) 22:36
削除
四日、秋田三歌会交流歌会へ参ります。会場は横手。横手での歌会は初めてではないかと思います。五日は羽後の高瀬小学校、五、六年生との歌会を楽しみます。
 充実した二日間になりそうです。
 

 いよいよ『額田王発見』執筆へ えんた  2018年11月3日(土) 2:28
削除
昨2日は国会図書館へ行き、額田王関連の本の最後の読み込みとチェック。この一か月で受験時代のような勉強をして、防備を固め、矛の先を磨きました。
 もう本が書ける状態になったと思います。九月号に書いた文章はやや修正が必要ですが、大きな間違いはないようで、1400年ぶりの一女性の正体の発見と、その恋人である魅力いっぱいの男の発見が可能になり、万葉学でも日本歴史学でも、衝撃的な本となると確信します。
 自分でも驚くようなことです。
 これも五行歌発見によって可能だったことで、真実のつながりにまた改めて驚きました。五行歌の呼吸で万葉集を読むと、人麻呂や額田王の呼吸で万葉読むことになり、その呼吸が眞を見極めるレンズとなるのです。
 五七五七七の短歌の人から見ると見えないものが、見えてくるのです。江戸時代の賀茂真淵などの万葉学者たちも「長歌」の呼吸で万葉を読んだためかなりいい線にまできていましたが、惜しいところで止まっていたのです。
 万葉の評釈もかなり目を通して、最後に鴻巣盛広という人の評釈に深く感心しました。この人は漱石よりちょっと若いくらいの人で、万葉集全釈という本を書きました。
 この人は13巻の長歌の価値に気づいていたと思います。ただ、それらが額田であるというところまでは来れなかったようです。
 天智の約25年間の時代は、まことにロマン主義の時代でした。天智がロマンティシズムに生き、そのヒロインが額田王であったということです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34  全 228件(未掲載 0件) [管理]
CGI-design