五行歌の会掲示板
承認式になります。五行歌作品は、五行歌作品掲示板へどうぞ。
添付可能な画像: JPG、GIF、PNG 最大サイズ: 300KBまでです。
名前
題名

内容
画像
削除キー (英数8文字以内)
 第4回こもろ草壁塾へのお誘い 遊子(こもろ五行歌の会)  2019年6月3日(月) 20:30
削除
こもろ五行歌の会200回記念歌会に行われた、えんた先生の講演の後、、年に一度、必ずえんた先生の講義を受けられる「こもろ草壁塾」のことを思いました。

 記念講演も「こもろ草壁塾」も、えんた先生のお話は時間があっという間に過ぎてしまいます。そのたびに私は「シアワセダナ〜」と思うとともに、えんた先生と同じ時代に生きていることに感謝しています。 

第4回こもろ草壁塾は、8月10日(土)に行われます。(こもろ会員を除いて)もうすでに、13名の方から受講のお申し込みがあります。
今回のテーマは、新古今集、和泉式部、西行、定家、為兼です。

受講料などの詳細は、『五行歌』6月号の159頁をご覧ください。申込み締切日は、6月18日(火)です。
皆様のご参加を、心からお待ちいたしております。
ご質問などございましたら、遊子まで(159頁参照)お願いいたします。


 8月の小諸は、(たぶん)涼しいです 遊子(こもろ五行歌の会)  2019年6月12日(水) 17:57 削除

昨日、東京のお二方から参加のお申込みを封書でいただきました。こもろ会員(19名)以外のご参加は15名になりました。

8月の信州は爽やかです。午前中にいらして、近くの懐古園を散策されるものお奨めです。島崎藤村の『千曲川のスケッチ』を片手に・・・
標高2000mの高峰高原のお宿に宿泊して、参加させる方もいらっしゃいます。

令和元年の「こもろ草壁塾」です。、皆様のご参加をお待ちいたしております。

 大宮五行歌会200回記念歌会 えんた  2019年6月3日(月) 6:56
削除
昨2日は、大宮200回記念歌会でした。38人が参加、熱気のあふれる会となりました。私も20分くらいお話しました。一席は、青山司さん、二席は湯川美智子さん、三席は金子哲夫さん、草壁賞は河野順子さんと角田さかえさんに。
 いい歌が多かったと思います。
 のだ、こもろ、大宮と熱気ある歌会が続きました。
 これからは、七月号の編集に入ります。
 七日は井の頭歌会、九日は小江戸歌会です。

 ありがとうございました 柳沢由美子  2019年6月2日(日) 12:52
削除
お忙しい日程の中、焔太先生、叙子副主宰、佐々木龍さん、こもろ歌会200回記念においでいただきありがとうございました。
200回の記念の日に、先生のご出版のお祝いを申し上げることができ、嬉しい気持ちでいっぱいでした。
先生には「額田王は生きていた」について興味深い内容を熱を込めてお話をいただき、あっと言う間に時間が過ぎてしまい、びっくりしてしまいました。10時間かけてもお聞きしたいところでした。
叙子副主宰には、出版にまつわる先生についての興味深い裏(!)話もお聞きでき、さらにご本への愛着が増しました。
佐々木さんには25周年の取り組みについてお話しいただきました。
ありがとうございました。心に残る記念歌会となり、感謝しております。

 のだ歌会、こもろ200回、大宮200回 えんた  2019年6月2日(日) 7:13
削除
五月末から六月初めは、私にとっては歌会ラッシュとなり、毎日楽しい思いです。30日は歌会、記念歌会ではないそうですが、昼食会+歌会のようなふんいき。ここでは「思いの方法」というミニ講座をさせていただきました。
 「思う」ということは、運動の一つで、このために何か思いなさいといれると、いやだなと思い、さぼりたくなります。しかし、ふつうに思うより、一歩深く思えば思いの深い人となり、さらにもう一歩深く思えばとんでもない思いの深い人となる。
 深く思うだけでなく、たとえば、人間関係に問題があるときは、相手以上に相手の身になって考えてみる、そうすると、いつのまにか問題が解決してしまうこともある。相手以上に、相手の身になってもの思う。これが、思いの方法の一つだとお話しました。
 こうしていくと、言葉にいろいろな人の気持ちを汲んだ広がりが出てきて、多くの人にわかってもらえる歌になる、そういうことを、私は過去の優れた詩歌人から学びました。
 それらの人たちき、思いで自分を大きくしてきたとは言っていないのですが、私はあえてその方法をいうことにしたと、お話しました。
 土曜日、六月一日はこもろ200回記念でした。金曜日から家内といっしょに小諸へ、土曜日午前中は歌会、午後は研究会のような設定、午後はたっぷり額田王の話をしようと思い、話していたら初めの聖徳太子の国興しのところで三十分かかり、それから四十分ほど額田の母、吹黄刀自の話などをしました。
 わあ、額田王の話は十時間くらいかかるんだあ、と初めて自覚しました。額田王の歌が十六首わかり、お母さんがわかり、その歌も四首新たにわかるという大変な仕事でしたら、簡単に話しきることができません。
 学界もこれを認めると、みんなで初期万葉集の話を書き換えることになるので、そんな面倒はしたくないとみなさんが思いそうです。
 万葉集の筋書はこれではっきりしてきたのですが、これを認めればいままでの議論は何だったんだということになります。この話がある程度定着するまで二十年くらいはかかるのではないでしょうか。
 昨日家へ帰り、夜はインスタントうどんを食べました。小諸で美味しいものを食べ過ぎて、一年に一回くらいの即席麺にしたのです。
 今朝の目覚めは快適で、今日は大宮200回記念歌会です。20人、30人ときて、今日は40人? 50人? みなさんとお話するのが楽しみです。

 誤植 えんた  2019年6月2日(日) 7:18 削除
打ち込みミスが多いですが、適当にご判断して、お読みください。ひらかなのミスなど多いですね。

 新聞広告 見ました 内海中学校 後輩  2019年5月29日(水) 12:31
削除
『額田王は生きていた』
毎日新聞 1面

これから買いに行きます。楽しみです。

 ありがとう えんた  2019年6月1日(土) 23:09 削除
内中の方、ありがとう御座います。嬉しいです。

                     草壁焔太

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41  全 275件(未掲載 1件) [管理]
CGI-design