五行歌の会掲示板
承認式になります。五行歌作品は、五行歌作品掲示板へどうぞ。
添付可能な画像: JPG、GIF、PNG 最大サイズ: 300KBまでです。
名前
題名

内容
画像
削除キー (英数8文字以内)
 月刊『五行歌』8月号発送いたしました 五行歌の会事務局  2018年7月31日(火) 17:53
削除
◆五行歌の会同人・会員・誌友の皆様

本日、『五行歌』8月号を発送いたしました。
東北合同五行歌会in秋田のレポートが掲載されます。
五行歌人インタビューは、静岡の村田新平氏。
「五行歌」私はこう書く、は、山崎光氏です。

裏表紙に、全国大会のお知らせがございます。
開始時刻が30分早まりましたので、ご注意ください。
なにとぞご了承くださいませ。
採点受付は、8月15日からになります。詳細資料を明日発送予定です。
こちらも合わせてよろしくお願いいたします。

 岩手沿岸歌会・合同展示のお知らせ 五行歌の会事務局  2018年7月23日(月) 17:53
削除
岩手の沿岸、久慈、宮古、海、閉伊の山田、みやこ五行歌会潮風の歌会の合同展示が開催されます。五行歌体験コーナーもあるそうです。
ぜひおでかけください。

会 期:7月28日(土)〜29日(日)16:00
会 場:宮古市立図書館2F 展示室
    (宮古市宮町3-2-2)

くわしくはチラシを

 新発見 額田王の11首 えんた  2018年7月5日(木) 10:23
削除
妄想の果ての果て、万葉集第十三巻に額田としか思えない長歌、反歌を十一首みつけ、60枚におよぶ文章にしました。八月、こもろ草壁塾のテキストに使い、九月号には本誌に掲載の予定です。
 これは、額田王の写真や戸籍謄本で確認したのではなく、生体認証したのでもなく、heart to heartによる確認で発見しました。
 つまり、額田ならこうであろうという長年の妄想にどんぴしゃりの作者不詳の歌が、古歌集から作ったといわれる第十三巻に十首あったのです。長歌はそこらの人は作りません。力ある人が作ります。その長歌が作者不詳で57首もあるのが第十三巻です。
 長歌なら作者は名のある人です。このなかに、女性のものも数首あり、その多くが奔放で、常人には書けない強気の歌でした。しかも650年頃の〜。
 それらの歌を額田王と仮定すると、額田王という女が現れたのです。なぜ名前つきで収められなかったかの理由もはっきりわかりました。
 書き上げてから、二度ほど修正したので時間もかかりました。今はほっとしています。
 私の人麻呂論も独特で、真実に近いと妄想しているので、いっしょにして本にしようかなとも思っています。昨日、人麻呂が夢にきて、じゃがいもみたいな男でしたが、「よくわかりましたね」と言うので、「そうですか、でも間違いがあるのじゃないかと心配です」というと、ちょっと笑うのです。「どこが違うか教えて下さい」と言っても何もいいません。
「えらいと思います」というだけ、内心、80にもなって新発見するとはさすがだよなあと思っていると、人麻呂の姿を見失いました。
 人麻呂の顔はこうだったと言えないのは残念です。

 私の額田論では、万葉集の1〜53までの最初期万葉集の編纂者は人麻呂です。それがなぜかも明確に書いています。相談相手は持統天皇です。それがあるから、名前つきで発表できなかったのです。


 追記 えんた  2018年7月5日(木) 10:28 削除
十一首のうたの一首は第12巻の短歌です。実は短歌ではほかにも、額田らしい歌は十数首ありますが、短かすぎて額田でなくてはとなかなか言いずらいのです。

 お見舞い・額田王のテキスト こもろ五行歌の会(遊子)  2018年7月12日(木) 10:52 削除
このたびの西日本豪雨に被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます。4年前の9月に小諸で行われた五行歌全国大会のひと月前に、広島で大雨災害があり、参加予定の方にお電話したことを思い出しています。皆様のご無事をお祈りいたします。


※えんた先生

こもろ草壁塾用のテキスト「額田王の歌と思われる十一首」をありがとうございます。はじめ19ページという多さに尻込みしましたが、読み始めるとその面白さに引き込まれていきました。ざっと目を通しただけなので、8月11日までには丁寧に読み込みたいを思っています。(宿題!)

 本誌で読む前に先生の肉声で講義を受けられる事、嬉しい気持ちでいっぱいです。 ご尽力に心から御礼申し上げます。
 
 こもろ草壁塾を受講される方(こもろ会員には、歌会当日配布)に、テキストをお送りしたところ、早速「額田王の話を小諸で聞けてラッキー!」と嬉しいメールが届きました。有り難いです。

小さかった「わくわく」が、日に日に浅間にかかる入道雲のような大きさになってきています。わっくわく。

8月11日が楽しみです。どうぞよろしくお願いいたします。


 


 西日本豪雨災害義援金募集 えんた  2018年7月11日(水) 9:30
削除
このたびの西日本の豪雨により、広島、岡山、愛媛などの同人、会員の安否を調査していますが、現在までにわかったことでは、広島市本郷町舟木の「こころ」さんが、土砂と浸水で家を壊され、お嬢さんのお宅に避難しておられるむそうです。そのほかの方は、いまのところ、大きな被災は受けていないようです。
 五行歌の会では、大災害のさい、義援金を募集してまいりましたが、このたびは被災者の数がやや少ないため、千円一口として、義援金を募集いたします。ご協力、よろしくお願いします。
 送り方につきましては、事務局のほうからここに掲載します。

                            草壁焔太

 

 義援金の受付について 五行歌の会事務局  2018年7月11日(水) 15:27 削除
平成30年7月豪雨により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

五行歌の会では、平成30年7月豪雨で被害にあわれた方々への支援と致しまして、
お一人様一口(千円)の義捐金を、以下のとおり受け付けています。


---義援金のお申し込みについて---

<受付方法>
郵便局に備え付けの青い枠の郵便振替用紙にて
通信欄に【義捐金一口】とご明記の上、千円をご送金ください。

番号 00150-8-766728
名義 五行歌の会

<受付期間>
2018年7月11日(火)〜 8月20日(金)

皆様からお寄せいただいた義捐金は、被災された方々へご送金させていただきます。

                                      五行歌の会

 お見舞い 五行歌の会事務局  2018年7月9日(月) 16:40
削除
平成30年7月豪雨により、被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

広島からは、同人、会員さんはご無事とのご連絡が届いております。
西日本のほかのみなさまは大丈夫でしょうか。
ご無事をお祈り申し上げます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9  全 60件(未掲載 0件) [管理]
CGI-design