五行歌の会掲示板
承認式になります。五行歌作品は、五行歌作品掲示板へどうぞ。
添付可能な画像: JPG、GIF、PNG 最大サイズ: 300KBまでです。
名前
題名

内容
画像
削除キー (英数8文字以内)
 鶴田一郎・美人画展 遊子(こもろ五行歌の会)  2019年7月14日(日) 9:46
削除
『額田王は生きていた』の表紙絵を手掛けられた鶴田一郎画伯の美人画展が、明日7月15日まで、長野市の善光寺近くにある北野カルチュラルセンターで行われています。今日14日の11時から15時までに行きますと、鶴田画伯にお目にかかることが出来ます。もちろん「額田王」の絵をご覧になることもできます。
私と事務局の柳沢由美子さんは、昨日長野に行き、画伯とお会いし、本にサインをしていただいたあとに、「額田王」の絵と一緒に写真を撮らせていただきました。
お近くの方は、ぜひお出かけください。
http://j-spirit-blg.jugem.jp/?eid=2054

 明日は石巻、二十周年 えんた  2019年7月5日(金) 16:14
削除
明日六日は石巻五行歌会二十周年記念歌会です。私も参加、七日に小江戸歌会があるため、日帰りします。便利になって日帰りも可能に。ちょっと残念な気もしますけどね。

 全国大会の申込みはもう四人きているとか、月末までなので、みなさん歌を早く作ってください。

 今月は十四日、松山歌会、十三日に家内といっしょに出発します。講演会と歌会。講演のタイトルは「誰の心にも名作がある」、ちょっと新しいことも言おうかな、と思っています。正岡子規も聞いていてくれているような気がしますから。
 21日は、AQ歌会、ここでもお話、「言葉は宝」。二十八日は熊本玉名で講演会。「誰の心にも名作はある」。熊本にひさしぶりで、歌会ができそうなふんいきです。荒木雄久輝さんたちが、頑張ってくださっています。

 八月は十日にこもろ草壁塾。そのための勉強が楽しみです。

 八月号の編集は、いま、渦中に入るところ。
 

 こもろ草壁塾資料 遊子(こもろ五行歌の会)  2019年7月9日(火) 9:00 削除
えんた先生

7月はじめに第四回こもろ草壁塾の資料(平忠度、新古今和歌集、西行、藤原定家、和泉式部)を拝受いたしました。
お忙しいなか、50枚近い資料を作ってくださって、本当にありがとうございます。資料を手にして、わくわくしています。

こもろ会員さんには6日の歌会のときに、欠席者と他歌会の受講者の方には、昨日(8日)、私と事務局の柳沢由美子さんが手分けして発送しました。

先日古本屋で、「柿本人麻呂」「西行」「伊勢」「定家明月記私抄 続編」「日本詩歌読本 上」を信じられない値段(3ケタ)で手に入れました。わくわく・・・
五行歌を始める前の50代だった頃の私の目には、絶対に入ってこない本ばかりです。五行歌と草壁塾に感謝です。

ある人も「こんなに古典に親しむ時が訪れるなんて信じられない」と喜んでいたした。そして、「新古今和歌集の中から好きな歌を選んでいると、全部西行なのよ!」と。田辺聖子と白洲正子の『百人一首』も読み比べているとも。この人のわくわくも伝わってきます。

私は、先生が7年前の「こもろ五行歌の会 十周年記念歌集」に書いてくださったことを忘れずに、塾に取り組んでいます。

※意味を追求するために、すべての才能と機会を用いるように努められるのが、歌のためにも良いであろう。
何かをしようとするときに、それが「意味の追究(追求でもよい)であるかを、よく吟味することである。
 歌を書く者は、最も学問に熱心でなくてはならないが、それはあくまで意味の追究のためである。そこから目的がずれれば、すべてが無駄となる。物知りの自慢などは、まだ文字の書けない子にも心の劣ることが多い。意味の追究にひたすら励めば、勉強が害になることもない※

長くなって申し訳ありません。8月10日のこもろ草壁塾、楽しみです。よろしくお願いいたします。

 全国大会inいわて のお申込みスタートしました 五行歌の会事務局  2019年7月1日(月) 14:10
削除
ことしの全国大会のお申込み期間となりました。
〆切は7/31日、今月いっぱいです。
みなさまのご参加をお待ち申し上げております。


申し込み方法は、こちらのPDFをご参照ください。
http://5gyohka.com/download/2019iwateabout.pdf

お申込み先アドレスは→iwate2019●5gyohka.com
(●を@に書き換えてください)
または、上記リンク先PDF内のアドレス表示部分をクリックすると、メールアプリが開きます。

  五行歌25年〜言葉でひらく未来 巡回展 プレスリリース 五行歌の会事務局  2019年7月1日(月) 10:02
削除
巡回展のお知らせを公開しました。
告知にお役立ていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
各会場の搬入、搬出、会期中お手伝いも募集しております。皆様のご協力、ご参加をお待ちしております。

http://5gyohka.com/download/25anvexPress.pdf

 五行歌七月号 えんた  2019年6月28日(金) 2:01
削除
明日28日、出来てくる予定です。五月、六月と記念号で、いささか編集者も疲れていたようでしたが、今回はやっと通常の厚みに戻りました。
 八月から全国で巡回展が始まり、またみなさんが忙しくなりそうです。私もけっこう記念歌会が多く、忙しくなりそう。
 こもろ草壁塾のため、新古今和歌集を通し読みしつつあります。
 通し読みは、とてもいいです。初めてわかるようなところがあるのです。
 全体視がいいのかもしれません。

 やっぱり西行だな、こうときどき呟いてしまいます。

 菅原孝標女(すがわらたかすえのむすめ、更級日記の著者)が、私と同じ歌を書いていたことに気づいてびっくり。和歌と五行歌のちがいの説明にも使えそうです。今度、お話します。
 

 楽しみです 遊子(こもろ五行歌の会)  2019年6月28日(金) 8:51 削除
えんた先生
今年もこもろ草壁塾のために、ありがとうございます。新古今集を大雑把に読み始めていましたが、私も通し読みをしてみたくなりました。
受講生(約40名)の方々にも、資料送付のときにお奨めしようと思います。
和歌と五行歌の違いについての先生の御見解、楽しみにしています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38  全 259件(未掲載 0件) [管理]
CGI-design