五行歌の会掲示板
承認式になります。五行歌作品は、五行歌作品掲示板へどうぞ。
添付可能な画像: JPG、GIF、PNG 最大サイズ: 300KBまでです。
名前
題名

内容
画像
削除キー (英数8文字以内)
 十一月号の編集に入る 今日は小江戸歌会 えんた  2018年10月15日(月) 1:42
削除
やっと秋らしい季節となりました。『五行歌』十一月号の編集に入りました。今月は、ちょうど投稿締め切り全国大会の直前だったためか、やや少なめのようです。台風の接近でハラハラドキドキしましたからね。
 みなさんの歌はもう読みましたが、歌はとてもいいものが揃っていました。
 このところ、歌集を出される人も多く、五行歌のうたびとたちの力が溢れてくるように感じます。
 私は発見した額田王の歌についての本、人麻呂が万葉集と日本の詩歌の基本線を決めたという本を来春出版することを決め、もう二章までは書きました。額田の新しい作品によって、彼女の選んだ男、天智天皇の性格がずばりわかり、645年から672年までの歴史の謎がぜんぶ解けたような気持ちにもなります。
 万葉観、歴史観を変えるようなビッグな提言になると思います。これが五行歌人だからわかったということも重大です。五行歌呼吸が、額田王や柿本人麻呂の呼吸だったからこれがわかったのです。
 だから1400年後に、額田が発見された、ということになったのです。五行歌こそが日本の本来の詩歌だということを証拠づけるような発見でもあったのです。
 ご期待下さい。

 草加五十回記念と名古屋歌会 えんた  2018年10月11日(木) 2:23
削除
四日、草加五十回記念歌会へ行ってきました。参加者が増え、みなさんも慣れてきて、ほんとうに楽しいいい歌会になっていました。田螺さんほか、みなさん、ご苦労様。
七日、何年ぶりかで名古屋歌会へ行ってきました。ここも賑やかで楽しく、よい歌会になっていました。二次会は鶏料理で。ひさしぶり行って、充実した歌会を見るのは、嬉しいものです。
 今は十一月号の編集に入ったところです。まもなくみなさんの作品を見始めます。どんな興奮があるか楽しみ!

 全国大会1日めのお忘れ物のお知らせ 五行歌の会事務局  2018年10月2日(火) 15:15
削除
五行歌全国大会in大宮にご参加の皆様に、ラフレさいたまの会場に、扇子と眼鏡ケースのお忘れ物がございました。
心当たりの方は、五行歌の会本部までご連絡くださいませ。

 【ご報告】 五行歌の会事務局  2018年10月3日(水) 14:56 削除
眼鏡ケースの持ち主が見つかりました。

 ご報告 五行歌の会事務局  2018年10月5日(金) 16:08 削除
扇子も持ち主判明いたしました。

 12月号特集「さいたまを詠む」募集 五行歌の会事務局  2018年10月3日(水) 15:15
削除
五行歌全国大会in大宮にちなんだ作品を参加者の皆様から募集いたします。
葉書かメールにて、お一人様一首まで。
締切:10/25必着。ご投稿お待ちしております。

◇葉書の場合…〒162-0843 東京都新宿区市谷田町3-19川辺ビル1F 五行歌の会「さいたまを詠む」係宛
◇メールの場合…ohmiya2018★5gyohka.com 件名に「さいたまを詠む(お名前)」を明記してください。★を@に変えて送信ください。

 大宮・全国大会を振り返って えんた  2018年10月3日(水) 4:37
削除
今年は260人近い参加者がありましたが、当日朝、台風二十四号が九州に近づき、いろいろ困難が予想されました。二十数人の方がキャンセルされたことも致し方ありません。それでも、240人の方が集まり、にぎやかに全国大会が行われました。
 懇親会の始まる前に、JRが午後八時に全線ストップするという情報が入り、懇親会も二十人の方があきらめざるを得ませんでした。それでも詩流久さんの司会の下、和気あいあいの懇親会となりました。
 二次会も行えなくなりましたが、各自、ロビーや部屋で交流を楽しみました。
 翌日の研究会は、講師のお一人、小原淳子さんが来られませんでしたが、
松山佐代子さん、雅流慕さん、永田和美さん、鮫島龍三郎さんが、それぞれによいお話で、会場は水を打ったように緊張した静寂に満ちました。
 言葉がみなさんの耳に吸い込まれていくような話、これは五行歌の研究会独特のものだと思います。
 小原さんには次の機会にお願いすることにしています。その分、みなさんが意見をいう時間もけっこうあり、十分話ができた研究会となりました。
 来年は、岩手盛岡での大会です。25周年記念行事の一環でもあります。
 みなさん、こぞってご参加下さい。
 今日は25周年記念のイベントについて、本部で話し合いました。来年には五行歌人名録、25年間の自薦一首、コメントなどを載せた別巻の記念誌を刊行しようという話が出ました。
 五行歌の会はまだ年鑑を出したことがありません。これがそうしたものの第一号になりましょう。25年に一度くらいがいいかもしれませんね。
 物故者の氏名、代表作、五行歌年表なども掲載することになります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26  全 174件(未掲載 0件) [管理]
CGI-design