五行歌の会掲示板
承認式になります。五行歌作品は、五行歌作品掲示板へどうぞ。
添付可能な画像: JPG、GIF、PNG 最大サイズ: 300KBまでです。
名前
題名

内容
画像
削除キー (英数8文字以内)
 展示「五行歌で 春 を詠う」 こもろ五行歌の会 遊子  2021年3月26日(金) 8:00
削除
小諸の桜はまだまだですが、気のせいか空気は桜色に染まってきているように感じます。
こもろ五行歌の会では、佐久市臼田の佐久病院本院で、「五行歌で 春 を詠う」と題した五行歌展示を行います。こもろ会員の作品30首と秀歌集などから選んだ作品20首の計50首を、病院を訪れた皆様にご覧いただきます。

・展示期間 2021年3月26日16:30〜4月9日(金)16:00

              南澤 咲子
小学生たちが
おしゃべりしながら
スキップしながら帰る
春を
まき散らしながら


              大村勝之
妻と一緒に選んだ
春色の
ピンクのセーターを
着れば
幸せいっぱい

 佐藤沙久良湖歌集、上梓 えんた  2021年3月10日(水) 2:37
削除
佐藤沙久良湖さんの歌集『声にならない声』が刊行されました。私家版にされるよう勧めました。津波でぜんぶ流された方だし、御主人は印刷業の方なので、安く作る方法は、よくご存知と思ったからです。
 しかし、本誌での扱いは、市井社刊行物と同じようにすることとしました。
 ただし、販売は致しません。読んでみたいと思われる方は、直接、沙久良湖さんにご注文下さい。連絡先は、石巻歌会の住所、FAXと同じです。本誌歌会表でご覧下さい。
 本は、オールカラー、四六判、152頁、並製、税込1500円で、送料180円、本といっしょに、郵便振替用紙もお送りします。
 私は大変興奮して、跋を書かせて頂きました。五行歌の素晴らしさを証明する本だったからです。五行歌は。日本の歌の歴史を書き換えるものとなりましょう。古典が逃げていた災害、介護などの難事も克服して記録し、歌にし。乗り越えているからです。
 そのうえ、この歌集は天上の明るさも持ちつづけます。そこが素晴らしいのです。みなさんもぜひお読み下さい。

 沙久良湖さん、おめでとうございます! 遊子  2021年3月11日(木) 18:01 削除
昨日沙久良湖さんから、五行歌集『声にならない声』が届きました。「3・11」の前日ということに、沙久良湖さんの思いを感じました。本を開くと、そこには綺麗な写真(お庭の花、猫ちゃん、爽やかな色のパッチワーク、美味しそうなあんぱん、お孫ちゃんの笑顔、そして沙久良湖さん笑顔も)がところどころに散りばめられ、心がほっこりしました。
 写真だけをみれば、津波で生き延びられた方の歌集とは気づかないでしょう。歌を一首ずつ読み進むうちに、私の心は今日の「3・11」に導かれて行きました。最後まで読み終えたのは、午前0時。深い感動が心に広がっていました。この感動は、えんた先生が跋文にお書きになったように、沙久良湖さんが「生活に沢山の楽しみを持つ人」だからでしょう。悲しみの歌なのに、豊かさと明るさを感じるのです。凄いな〜と思いながら、えんた先生のお歌を思い出しました。

 いちばん
 良いものは
 上等なものではない
 家庭的な
 ものだ


沙久良湖さん、『声にならない声』のご上梓おめでとうございます。この10年、私などには到底想像もつかないご苦労をなさったこと、お歌からたくさん教えていただきました。そして沙久良湖さんの10年の生き方からたくさんのことを学ばせていただきました。また、癒されもしました。これからも、ご主人様と猫ちゃんたちとお幸せにお暮しくださいますように。
長くなって申し訳ありません。

 ありがとうございます。 佐藤  2021年3月13日(土) 13:59 削除
焔太先生
歌集のご案内をいただきありがとうございます。
おかげさまで、いろいろな方が興味をもってくださって、ここ数日は忙しい思いをしています。

3.11ということもあり、関心が深かったのでしょう。
郵送しますと申し上げても、会ってみたいからと、わざわざ拙宅へ歌集を取りにおいでになる方たちも、私としてはいささか恥ずかしいのですが、五行歌の楽しさをお伝えするよい機会になっています。
本誌のバックナンバーを差し上げたり、先生の写真をお見せするとみなさん、とてもうれしそうにお帰りになります。
歌を書いていてよかった、歌集を作ってよかった、今はその充足感に浸っております。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 月刊『五行歌』3月号本日発送しました。 五行歌の会事務局  2021年3月1日(月) 18:00
削除
◆五行歌の会・同人会員誌友の皆様
 3月号は本日の発送になりました。
 今月は、多摩モノレール×明星大学コラボレーション企画 〜モノレールからことばの贈りもの〜第7回「五行歌作品募集」全入賞作品が掲載されております。
 口絵にも展示の様子を掲載しております。
 特集作品は7名の方。
 お手元に届きますまで、しばらくお待ちくださいませ。

 三月号まもなく発刊、秀歌集の選、順調 えんた  2021年2月26日(金) 3:50
削除
三月号はまもなく発刊、秀歌集の選も順調に進んでいます。巻頭佳作からの抜粋はすでに終えましたが、今は作品評を見て、そこに取られている作品から拾っています。作品評は、いわば私以外の方の選です。
 傾向がわかってきました。作品評に取られる作品は、面白みのあるものが多いです。私の巻頭佳作は、歌の風格を重視していることがよくわかりました。
 しかし、面白みのある歌もいいので、取り入れようと思います。
 最後に求められるのは格でしょうが、面白みも必要です。
 もう二ヶ月くらいで決まると思います。『彩』の歌は風祭智秋さんと共選にしました。
 『彩』と『五行歌』の歌の味わいの違いも今回は、よくわかりました。あと、新聞の五行歌欄の選、全国大会の作品なども見る予定です。
今年の歌は原則として入りません。
 仕上がりが楽しみになってきました。
 みなさまから、お見舞いもいただきましたが、足腰はきわめて順調に回復して、二キロくらいなら、ふつうに歩けるようになりました。これなら、九十五くらいまで粘れるかもしれないと思っています。
 いろいろ手術されたりしている方がいられます。私のはきわめて簡単なほうでした。
 コロナ問題は、この夏、どの程度、克服できるのか、しばらくは警戒がが続くのか、よくわかりませんが、なんとかなりそうに思います。もうすこしの辛抱でしょう。
 顔を合わせての歌会が、早くできますように!

 地震お見舞い申し上げます。 えんた  2021年2月14日(日) 6:59
削除
みなさん、またびっくりしましたね。東京は4でも揺れが長く、東日本大震災のときを思い出しました。前のよりやや南寄りが中心だけど、6万メートルと震源が深いので、広範囲に揺れたよう、いわき、中通り、宮城、新潟、三陸海岸のみなさん、ご無事ですか。お見舞い申し上げます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45  全 300件(未掲載 0件) [管理]
CGI-design