count: 820549 五行歌の会 掲示板 [管理画面]

本掲示板は承認式です。五行歌作品は作品掲示板へどうぞ。

【 RSS 1.0 】 携帯に当掲示板のURLを送る
  新規投稿  |  最新に更新  |  ツリー表示  |  検索  |  HOME <<  前のページ       1 / 43       次のページ  >>  

  明日は草壁塾
[返信]
 No.180207221444792882    18/02/07(Wed) 22:14   by  えんた (186.177.138.210.rev.vmobile.jp) [変更] [削除]
草壁塾もなかばを過ぎ、いよいよ平安の和歌へ。明日は定家、西行、百人一首、新古今和歌集などについて話します。これだけのテーマを四時間ですから、詳しくはやれないですが、大事なところは逃さずとらえたいと思います。
 ちょっと勉強しなおして、いい加減な私だなあと、反省しました。
 石川の子どもたちの歌の選も、金曜には終えたいと思っています。
 井戸喜美代さんの歌集の歌の選、その他、今、珍しくすこし忙しいです。
 それでも、仕事漬けということはなく、時間を楽しんでいます。
 三月号の編集もそろそろ一番忙しい頃になります。
 また夏までには刊行したい英訳の五行歌集の内容そろそろ決めなくてはなりません。三百の結晶にするつもりです。
          
  多摩モノレールの五行歌公募作品展示、2月スタート
[返信]
 No.180129115132660461    18/01/29(Mon) 11:51   by  五行歌の会事務局 (nttkyo1083007.tkyo.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp) [変更] [削除]
2/1〜2/28の期間、多摩モノレール駅構内に、
写真公募・第2回「多摩モノレール地域の魅力フォトで自慢し隊」と
五行歌公募・第4回「モノレールからことばの贈り物」の、
入賞作品が展示されます。

展示される駅は、多摩センター、高幡不動、立川北、松、泉体育館、砂川七番、玉川上水、桜街道の8駅です。
8駅に受賞作品が分けて展示されますので、春探しのお散歩がてら、駅めぐりを楽しまれてはいかがでしょうか。

詳細は、多摩モノレールホームページ内に、PDFがアップされています。

ニュスリリースPDF
http://www.tama-monorail.co.jp/info/list/mt_img/300125_press.pdf
多摩モノレールHP
http://www.tama-monorail.co.jp/

  秋田から鹿児島へ
[返信]
 No.180129041609818124    18/01/29(Mon) 04:16   by  えんた (234.212.49.163.rev.vmobile.jp) [変更] [削除]
秋田羽後の中学で、百数十人の中学生、高校生らと、ユキトピア行事の一環として、歌会を行いました。私はに十分ほどお話もしました。
 十五の小歌会に分かれ、小歌会をしました。十五歌会の一席を表彰、全体から草壁賞、羽後中学校長賞、ユキトピア賞なとが与えられました。
 すばらしい歌がたくさんありました。最後に先生方の歌も披露され、和やかな雰囲気で終了しました。ユキトピアは翌日の七曲り峠の花嫁道中がメーンイベントですが、私は九州新年合同歌会へいくため、これは見ることができませんでした。雪の峠を花嫁、花婿が馬橇でパレードするというものです。ユキトピアのみなさん、羽後中学の先生方、菅原弘助さん初め、秋田の五行歌の人たち、有難うございました。

 その日のうちに東京へ帰り、翌二十七日は鹿児島へ。秋葉澪さんに迎えて頂きました。
 九州新年合同には全国から九州から四十人が集まり、華やかに新年会を祝ました。私も五行歌運動についてお話させて頂きました。一席は桜島歌会の池上政子さん。桜島歌会を作って頂いた初代の代表の寿柳裕子さん夫妻も見えていました。それに小学校三年生の愛翔君がずっと参加され、運営を手伝ってくれ、感謝状を贈られました。
 大会参加者を驚かせたのは、周さん、丁さんという鹿児島大学への留学生夫妻の作品とコメントでした。作品はいずれ本誌レポートで紹介されるでしょう。

 翌日は維新ふるさと館を見学、薩摩藩の維新での活躍ぶりを勉強しました。今、日曜日大河ドラマは「西郷どん」、やっと薩摩の物語が出来るようになったといったところか。いままでは維新政府への薩摩藩の人々の影響力が強すぎて、やりにくかったところもあったのではないかと思います。
 とくに西郷さんは、星にまでなった人ですから、大物過ぎて物語しにくかっでしょう。
 その後には昼食をしなから五行歌について語り合いました。私の飛行機の時間がちょっと早過ぎたため、兼子利英子さん、小山みゆきさんにはいろいろこ心配かけました。たっぷりとお話できてよかったと思います。
 秋田はまったくの雪中行進、鹿児島も零下の寒さでした。今日は早く寝につきましたが、午前三時に目が醒めてしまい、これを打ち込んでいるところです。疲れたらもう一寝入りしたいものです。
 
  明日は秋田へ
[返信]
 No.180125225836715712    18/01/25(Thu) 22:58   by  えんた (179.167.214.202.rev.vmobile.jp) [変更] [削除]
明日は秋田の羽後中学へ行き、150人の生徒たちに五行歌の話をし、歌会をしてきます。生徒たちは15のグループに分かれて小歌会をします。もう何度か試みたことですが、歌会は子どもたちにとってとても楽しいことのようです。
 おたがいが、おたがいの書いたものについて話すということはほかではありませんから、びっくりするのです。
 日帰りで戻り、明日は九州新年合同歌会のため、鹿児島へ発ちます。
 いい歌がたくさん集まっているようで、とても楽しみです。鹿児島では一泊してみなさんとゆっくり話し、月曜日に帰ります。
 
  関西新春合同五行歌会
[返信]
 No.180124002636670605    18/01/24(Wed) 00:26   by  えんた (73.252.149.210.rev.vmobile.jp) [変更] [削除]
二十一日(日)は関西新春合同歌会でした。七十六人が芦屋のホテル竹園に集まり、盛大に新春の歌会を楽しみました。一席は、奈良・郡山歌会の佐瀬泰生さん。

 久し振りに
 幼馴染と会った
 足を踏んでやったら
 嬉しそうに
 踏み返してきた

 ちょっっと面白い歌。二席は須賀知子さん、三席はひまわりさん。
 二次会も賑やかに、七時過ぎまでわいわいやりました。

 来週は九州新年が鹿児島で。私は二十六日、秋田羽後中学で十五の小歌会をするのを、見に行きます。
  二月号編集中
[返信]
 No.180118234756221922    18/01/18(Thu) 23:47   by  えんた (80.214.49.163.rev.vmobile.jp) [変更] [削除]
二月号は二十四日入稿で、いちばん多忙な日々となってきました。この間、二十一日は芦屋で関西新春合同五行歌会が行われます。九州は二十七日の土曜日、鹿児島ですが、私はその前日、菅原弘助さんと小学校で講演と五行歌会を行うため秋田に参ります。
 今、個人歌集は井戸喜美代さんの『過ぎ去りし日々』にかかっています。今日、井戸さんが装丁などの相談のために来られました。
 
  兄、三好茂弘、永眠
[返信]
 No.180112054103417870    18/01/12(Fri) 05:41   by  えんた (231.6.138.210.rev.vmobile.jp) [変更] [削除]
一月九日夕方、兄、三好茂弘が永眠しました。心臓麻痺だったようです。八十二歳でした。長年、五行歌同人として関西のみなさんのお世話になり、一時は奈良歌会代表、あるいは梅田NHKの五行歌講座の講師も務め、五行歌集『行脚』も刊行しました。
 家族葬とするとのことで、今日まで公表しないでおりました。お許し下さい。
 私はこれから告別式へ行って参ります。
 
 私は元気ですが、いつなにがあってもおかしくない年頃ではあります。
 五人いた兄弟姉妹も私一人となってしまいました。

 最後の
 兄弟も
 なくなって
 この寒いのに
 しみじみと独り


  Re1: 兄、三好茂弘、永眠
[返信]
 No.180112054103417870.2    18/01/16(Tue) 09:48   by  こもろ五行歌の会 遊子 (60-62-228-202.rev.home.ne.jp) [変更] [削除]
【 兄、三好茂弘、永眠 】への返信

十数年前に小諸にいらしたときに、三好様のリクエストでアドさんと三人で布引観音に登り、帰りに懐古園を散策しました。
 そのとき「遊子さん、懐古園はこれからもずっと小諸の財産だということを忘れないでいてね」と仰ってくださいました。懐古園に行くたびに、あのときの三好様の笑顔が目に浮かんできます。
ご冥福をお祈りいたします。

  Re1: 兄、三好茂弘、永眠
[Mail] [返信]
 No.180112054103417870.1    18/01/12(Fri) 05:41   by  晃君の同級生 (114-142-107-243.ppp.bbiq.jp) [変更] [削除]
【 兄、三好茂弘、永眠 】への返信

清明 先輩
その昔 大学受験の際 茂弘先輩の下宿に泊めてもらい、近くの牛乳屋さんで飲んだシャーベット状に冷えた牛乳瓶の味が忘れられません。青春の一コマです。
昭和30年代
  必死にもがいた
   青春の日々
    僕の原点
  原動力

  Re2: 兄、三好茂弘、永眠
[返信]
 No.180112054103417870.1.1    18/01/16(Tue) 09:48   by  えんた (92.179.138.210.rev.vmobile.jp) [変更] [削除]
【 Re1: 兄、三好茂弘、永眠 】への返信

晃と同年ですか。写真の中に私の父の顔がありました。
優しいオヤジでした。眉間の皴はカムフラージュのため
だったのでしょう。
 晃も茂弘兄も亡くなり、兄弟姉妹一人になりました。ぜんぶ揃っていたのです。
 もしかして、中村さんですか?

<<  前のページ       1 / 43       次のページ  >>  


[ HOME ]


★彡 TakasanBBS XG4.9.0.1 ★彡  Copyright(C)2004-2008 ばしっ子ドットコム