五行歌の会掲示板
承認式になります。五行歌作品は、五行歌作品掲示板へどうぞ。
添付可能な画像: JPG、GIF、PNG 最大サイズ: 300KBまでです。
名前
題名

内容
画像
削除キー (英数8文字以内)
 http:// えんた  2018年4月23日(月) 15:12
削除
五行歌五月号は連休前に発送の予定です。今回はアメリカ・クリーヴランドの高校生歌会のレポートが入りました。アメリカの高校生五行歌人の写真の存在感に、驚いてください。
 草壁塾はもう終わりに近づいてきました。次回は五月十日(木)で古代歌謡に入ります。私としては四時間か次回を含めての六時間で古代歌謡を終了したいと思います。
 まだ古代歌謡の講座を受けていない方で、ここだけ受講されたい方は、ぜひこの機会にご参加ください。漢字仮名が読めるようになる貴重な機会です。その場合、開始前に予習のためのテキストをお送りします。できましたら、早めにご連絡ください。

 タイトル えんた  2018年4月23日(月) 15:21 削除
タイトルがおかしくなってしまいました。また、前の投稿がこもろ草壁塾となっていました。ここでは、万葉集のお話をします。額田王の四首の歌を発見したと、私は思っています。ここは、大変面白いところです。
 たしか、いままで誰も言っていないことと思います。
 額田王の性格、天智、天武、額田の関係がはっきりわかる、わくわくとしてくる発見と思っています。

 第3回こもろ草壁塾のご案内 五行歌の会事務局  2018年4月17日(火) 12:23
削除
今年のこもろ草壁塾は、8月11日(土)です。
今回のテーマは、万葉集から古今集まで。
締め切りは6月30日(土)です。
くわしくは、ダウンロードにあるチラシをご覧ください。

http://5gyohka.com/download/2018-3kusakomoro.pdf

 第3回こもろ草壁塾へのご案内 遊子(こもろ五行歌の会)  2018年4月19日(木) 18:07 削除
五行歌の会事務局様

第3回こもろ草壁塾へのご案内、ありがとうございます。
えんた先生がお書きになった4月12日の第2次草壁塾の「万葉集(額田王)」をわくわくしながら読ませていただきました。

 今年のこもろ草壁塾でも、えんた先生に万葉集を取り上げていただきます。この機会にこもろ草壁塾にいらっしゃいませんか?年に一回だけの塾ですが、心を同じくする方々と机を並べて学ぶことは、他にはない楽しさです。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 市川五行歌会の五行歌展示のご案内 五行歌の会事務局  2018年4月17日(火) 12:04
削除
市川五行歌会の皆さんが、コルトン文化祭に五行歌展示で参加します。
展示の他にも手作りワークショップやパフォーマンスライブなど盛りだくさん。ぜひおでかけください。

日付:4月28日(土)~5月6日(日)
場所:ニッケコルトンプラザ センターモール3F
http://nikke-townpartners.co.jp/schedule/st/

 アクセス 五行歌の会事務局  2018年4月17日(火) 12:09 削除
JR本八幡駅北口より無料バスがあります。
http://www.nikke-cp.gr.jp/info/access.html

 天声人語に「震災万葉集」より五行歌が紹介されました。 五行歌の会事務局  2018年4月14日(土) 9:17
削除
本誌4月号の五行歌書誌紹介のページ(341)でもご紹介しました、
「震災万葉集」(くまもと文学・歴史館編)が、4/14の天声人語にて紹介されました。

熊本城
一本足石垣の
補強のみ
本丸も
いまだ無残

続けて、
「地の神の怒りをわが身で経験した人々の生の文芸作品には、稚拙など問わず残す価値がある」と評されています。

 作者は 五行歌の会事務局  2018年4月14日(土) 18:40 削除
ちなみに上掲の歌は、同人の角田和則さんのお作です。

 第二次草壁塾 えんた  2018年4月13日(金) 6:28
削除
昨日十二日は、第二次草壁塾、一日かけて万葉集を。この五年ほどは、私の主たる勉強はの万葉集だったので、話にも力が入りました。今回は万葉集を通しで読むということを初めて行ってみたので、何か発見があるだろうと思っていましたが、第十三巻の研究で額田王の歌らしいものを四首発見、読めば読むほど額田しかいないと確信されたのでこれを最後の一時間に話しました。
 私のこの推察がほんとうだとすると、額田王は恋人のために木に登って、枝をしならせてきれいな紅葉の枝を折り取るおてんばで、愛する人の真正面で生きるため、神まかせで言挙げしないという国のしきたりにも反して、あえて恋に生きると宣言するという強気の女だということになり、天智天皇が額田を選んだのではなく、額田が天智天皇を選んだことになります。
 ああ、これだな、と、私の研究運に感謝しました。
 これ、千四百七十三年も私の発見を待っていた歌だということになります。いずれも、六四五年頃に書かれた歌ですから。
 数か月以内に、本誌に正規の文章を書こうと思います。

 この間、研究のため、朝五時就寝の暮らしでしたが、昨日は早く寝ました。今、五月号のみなさんの歌を読んでいるところです。五行歌は楽しいです。万葉集よりわかりやすいから。


 

1 2  全 13件(未掲載 0件) [管理]
CGI-design